市民参加事業

開発途上国の多様なニーズに応えていくために、JICAは市民の皆様やNGO、自治体、大学等による国際協力活動への参加を支援し、さまざまな形で連携しています。
(詳しくは下記本部JICA本部サイトをご覧ください)

国際協力論

【画像】

講義の様子

JICA四国は、四国NGOネットワーク(SNN)と徳島大学、香川大学との協働事業で「四国・国際協力論」を実施しています。

講座の主旨は「学生が地域社会の構成員であるという認識を高めつつ、国際協力活動への参加意識を強めていくこと」。受講する学生は、国際協力実践者から国際協力活動の講義や、国際協力理解のためのワークショップ、途上国の研修員も加えたグループディスカッション等を通して国際協力の理解を深めます。本講座の講師は、四国に拠点を置くNGOや国際協力に取り組む中小企業など、地域で活躍する方をお呼びしています。

また、愛媛大学や高知大学とも連携し、JICA職員によるODAやJICA事業の講義、青年海外協力隊の活動体験などを企画し、大学生が国際協力について関心を持ち、理解を深めるための授業を実施しています。

JICA四国は今後もSNNや大学と連携して地域の国際協力拠点づくり、人材育成に努めてまいります。

NGOラウンドテーブル・四国NGO研修

【画像】

NGO研修

JICA四国ではSNNと協働で「NGOラウンドテーブル」と「四国NGO研修」を年2回、7月と2月に開催しております。

「NGOラウンドテーブル」は四国内のNGO・市民団体のみなさんとの対話と連携を促進し、四国で国際協力活動を一緒に盛り上げることを目的に開催しております。また 、「NGO研修」では、SNNを中心に四国内のNGOや市民団体、協力隊のOV、大学生などに参加を呼びかけ、互いの活動の悩みや問題を解決すべく講師をお呼びしています。より発展的な事業を実施・推進するための一助となることを目的に今後も続けてまいります。

2016年7月「第22回NGOラウンドテーブル、第23回四国NGO研修」開催報告

【画像】

NGOラウンドテーブルの様子

【画像】

四国NGO研修での講演

2016年7月2、3日に「第22回NGOラウンドテーブル」及び「第23回四国NGO研修」を開催しました。
NGOラウンドテーブルには9団体が参加し、各団体の今年度の活動計画の報告と、今年度から新たに開始予定のNGO等提案型プログラムについて協議を行いました。
また、NGO研修については、神奈川県逗子市から長坂寿久先生をお迎えしてフェアトレードタウンづくりについて講演いただきました。逗子市は、日本で3番目のフェアトレードタウンとして7月16日に認定されます。長坂先生は逗子フェアトレードタウンの会代表理事として中心的に活動されてきた方で、具体的な認定までの苦労や道のりをお話しいただきました。その後、グループに分かれ、四国でのフェアトレードタウン実現の可能性について参加者同士で意見を出し合い、フェアトレードについて改めて考える機会になりました。

お問い合わせ先

JICA四国 小坪
〒760-0017 香川県高松市番町1-1-5 ニッセイ高松ビル7階
電話番号:087-821-8824
ファックス:087-822-8870