事務所の紹介

おかげさまで、JICA北陸 設立25周年! 2017年度の合言葉は「温故創新」です!

【画像】

【画像】

新しい年度、2017年度が幕を開けました。新年「度」、明けましておめでとうございます!

当JICA北陸支部は、1992年10月にここ金沢に設立されて以来、富山、石川、福井の北陸3県を担当するJICAの国内拠点として歴史を重ね、おかげさまで今年度で25周年を迎えることとなりました。

地元北陸の市民の皆さま、関係諸機関の皆さまから頂戴した四半世紀にわたる温かいご指導・ご支援にこの場をお借りして心から感謝申し上げます。

JICAは数年前、発展途上国を支援する様々な事業を通じて、日本の地方にも元気になってもらおう…すなわち、「ODAで地方創生に貢献しよう」という大方針を高らかに世に打ち出しました。JICAの活動により、途上国と日本の地方をWIN-WINの関係で結ぶことを目指しているのです。

当支部もその担い手のひとりとして、世界の国々と北陸を繋ぐ「結節点」となるべく様々な事業に取り組んで参りましたが、25周年の今年度はこれをさらに加速させたいと考えています。

そのためには、来し方(過去四半世紀)の事業のあり様をしっかりと振り返り、行く末(次なる四半世紀)の事業のあり方を果敢に創造し実行していくこと…すなわち、「温故知新」ならぬ「温故創新」(故きを温ね新しきを創る)をモットーに日々の活動に邁進していく所存です。

途上国支援の仕事も地方創生の仕事も、ひとつでも多くの笑顔をつくること、言い換えれば、みんなで「幸せを分かち合うこと」。

当支部設立25周年の今年度、地元の皆さまへの「ありがとう」と「これからもよろしく」を一つひとつ形にしながら、途上国と北陸を結ぶ幸せの架け橋になれるよう、スタッフ一同、全力で精進して参りますので、皆様の変わらぬご指導・ご支援をよろしくお願いいたします!

JICA北陸支部
支部長 仁田知樹

<追伸>
JICA北陸支部はいつも市民の皆さまの身近な存在でありたいと思っています。
金沢駅前の当支部へ、いつでもお気軽にお立ち寄りくださいね。
楽しみにお待ちしています。

「国際協力」の世界へ…イマ・ココから!