所長挨拶

【画像】

JICA関西国際センター(JICA関西)のホームページにようこそ。

JICA関西は滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県におけるJICA事業の総合窓口として、関西地域と開発途上国の架け橋になるべく、地域の皆さまとともに、国際協力事業を展開しています。

JICA関西は、それぞれ歴史のある2つのセンター、大阪国際研修センター(1967年設立、後の大阪国際センター)と兵庫インターナショナルセンター(1973年設立、後の兵庫国際センター)を発展的に統合し、2012年4月に神戸の地で始動しました。
今では、地域の皆さまのご支援のもと、地域の優れた技術や知見をいかし、年間約1800名の開発途上国からの技術研修員、留学生の受け入れや、自治体、NGO/NPO、民間企業、大学等と連携した国際協力事業、開発途上国や国際協力への理解促進のための開発教育・グローバル人材育成支援などを、幅広く展開しています。
途上国や国際協力についての展示コーナーや、途上国の料理を楽しめるレストランも併設していますので、近くにお越しの節はお気軽にお立ち寄りください。

2015年9月、国際社会は国連サミットで「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)について合意しました。貧困撲滅や気候変動への対応、平和の実現など、2030年までに達成すべき17の目標は、先進国も含めた世界全体にとっての目標とされています。「誰ひとり取り残さない」世界の実現に向けて、政府、自治体、市民社会、民間企業、大学等、皆が連携しアイディアや資金を出し合って取り組む必要があります。
SDGsの17番目のゴールは「パートナーシップ」です。JICA関西は、関西地域の皆さまとパートナーシップを組んでSDGsに取り組むために、地域の様々なリソースと途上国のニーズのマッチングや、関係者間の情報交換・発信の場を作っていきます。

2017年7月にJICAは新たな組織のビジョン、「信頼で世界をつなぐ」を定めました。あらゆる事業を通じて、JICAは、人々が明るい未来を信じ多様な可能性を追求できる、自由で平和かつ豊かな世界を希求し、パートナーと手を携えて、信頼で世界をつなぎます。
そして私たちJICA関西は、以下を私たちのミッション・ステートメントとして、おもろい、おせっかいをモットーに、関西地域の皆さまとともに、地域と途上国を元気にする国際協力を推進していきます。今後ともJICA関西をどうぞよろしくお願いいたします。

私たちJICA関西は、途上国と関西を信頼でつなぎ、ともに「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献します。

JICA関西国際センター(JICA関西)
所長 西野 恭子