人材募集

「 中南米日系社会との連携調査団(ブラジル派遣)」の参加者募集

期間: 2017年7月21日(金曜日)から2017年8月6日(日曜日)

訪問国: ブラジル(サンパウロ州、パラナ州、ミナスジェライス州、リオグランデ・ド・スル州)

かつて日本から中南米へと渡った日本人移住者及びその子弟によって築かれた日系社会との連携を図る調査団をブラジルに派遣します。JICAはODAと民間ビジネス活動の連携を推進する中、移住先国で活躍する日系人をパートナーとして、日本の民間企業と連携を促進することで、現地の開発課題の解決に貢献し、さらに中南米への事業展開を実現するといった互恵的な協力の可能性があると考えています。中南米の日系社会及び同地域社会・経済との交流にご関心ある民間企業のみなさまのご参加をお待ちしています。なお、定員制のため、ご応募多数の場合は選考させていただくことがあります。
中小企業の参加者に対しましては、「調査費用」としてJICAが一部負担いたします。詳細は募集要項をご一読くださいませ。

締切り: 2017年5月22日(月曜日)18時まで

定員: 各社1名、参加者10〜15名 (JICA職員が同行します。)

対象: ブラジルの日系社会や日系人が経営する企業をパートナーとして事業進出を企図する日本の中小企業等
※中小企業以外の団体(地銀、地方自治体等)については、調査団人数に余裕があれば、費用の自己負担を条件に対象とし、現地での便宜供与をJICAが行います。

お申込み方法: 関連ファイルの「申込用紙」にご記入の上、登記簿(写)及び調査団参加希望者の本人確認書類とともに、JICA中南米部計画・移住課担当にメールでご提出ください。

お問い合わせ・申込先: JICA中南米部計画・移住課
TEL.03-5226-8511
E-mail. Terazono.Yusuke@jica.go.jp (寺薗佑介)

JICA関西 専門嘱託(研修事業担当)の募集(2017年7月1日採用予定)

職務内容

■募集内容
関西国際センターでは、関西地域(2府4県:滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)におけるJICA事業の総合窓口として、関西と開発途上国との架け橋になるべく、地域の皆さまのご協力を得ながら国際協力事業を実施しています。
研修員受入事業は、開発途上国の行政官、技術者、研究者などを日本に招き、国の発展に必要とされる専門知識や技術を習得するための機会を提供する技術協力事業の一つです。
本専門嘱託は、この研修員受入事業を担当し、以下のような業務を行います。

<研修員受入事業>
(1)研修(課題別・国別・長期研修)コースの計画・実施・実施後の対応にかかる業務
(研修運営管理、委託契約管理、実施機関との各種調整、研修員受入事務に係る諸業務、フォローアップ等)
(2)研修の質の向上に向けた各種の取り組み(優良事例取りまとめ、新規リソース開拓等)
(3)研修員受入にかかる広報、福利厚生などの業務
(4)その他機構が指示する事項
※必要に応じて、国内・海外出張があります。
※実際に担当する上記項目(1)から(4)の業務の割合は職員等の配置状況により、異なることがあります。

■業務対象国/勤務地
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 JICA関西
必要に応じて国内、海外出張があります。

■業務期間
2017/7/1〜 2018/3/31(採用日応相談)
契約更新は年度毎に行い、原則3回までで、最長3年間(2020/3/31)まで契約更新可能。

応募条件等

■必要な語学力
英語(必須) :TOEIC730点相当以上が望ましい。
その他の言語でのコミュニケーション力があれば尚望ましい。

■学位
大学、大学院(修士号または博士号)のいずれかを卒業/修了済であること。

■必要な技術資格
パソコンでの業務が支障なく行えること(MS-WORD、EXCEL、Power Point等)

■類似業務経験年数
企業、官公庁、大学、団体等での職務経験を原則として3年以上有すること。

■業務内容による年齢の目安
不問

■青年海外協力隊経験
不問

■その他
1.ODAに関する職務経験を有することが望ましい。
2.日本語及び英語での業務遂行が可能であること。
3.基本的なパソコン操作ができること。
4.国内外出張に支障がないこと。

■待遇
1給与:基本給(前歴換算の上決定)及び超過勤務手当の支給あり。
2.諸手当:賞与(6及び12月)、通勤手当を支給。扶養手当、住宅手当、特別都市手当、退職手当は支給なし。
3.勤務時間 :午前9:30から午後5:45までの7時間30分(休憩時間12:30〜13:15)。
4.休日   :土曜、日曜、国民の休日及び年末年始。
5.休暇   :有給休暇あり。
6.社会保険等:雇用保険、労災保険、社会保険(年金、医療)に加入。
7.その他  :昇給あり(雇用期間1年を経過した後の更新時に昇給)。その他、専門嘱託就業規則に基づきます。

■募集人数
1名

■募集期間
2017/5/20 〜2017/5/31

応募方法

以下の書類を電子メールにて提出して下さい。
1.提出書類:
(1)履歴書(和文、写真貼付のこと。履歴書の様式は問いませんが、必ず連絡先を明記して下さい。携帯電話番号、メールアドレスについても支障がない限り記載して下さい。また、資格については添付可能な証明書があれば写しを添付して下さい。)
(2)職務経歴書(和文、書式自由、A4用紙1枚程度)
(3)志望動機書(和文、書式自由、A4用紙1枚程度)
※情報セキュリティ強化により、Zipファイルは自動削除されます。Zipファイルを解除の上、送付をお願い致します。
※添付ファイルは3M以内として下さい。
2.宛先:JICA関西研修監理課採用担当 E-Mail:Mizuno.Seiji.2@jica.go.jp
3.件名(タイトル):「専門嘱託応募書類(JICA関西)」
4.締切:2017年5月31日(水)午後5:00(日本時間)まで

■応募時の注意事項
選考方法:
(1)一次選考:提出書類に基づく書類審査
※書類選考の結果は6月5日(月)までに電子メールにてご連絡致します。
(2)二次選考:面接
※一次選考合格者に対し、6月6日(火)〜6月9日(金)頃にJICA関西にて面接選考を実施予定。
本件担当者から直接、メールもしくは電話で時間等を調整します。
なお、面接に係る交通費等は自己負担となりますので予めご了承ください。
※二次選考の結果は6月14日(水)までにご連絡致します。
※合否に関するお問合せには一切お答えできません。また、提出書類の返却はできかねます。予めご了承下さい。
※募集・選考に関するご質問は、下記までお知らせ下さい(募集期間中のみ対応)

■担当者から一言
JICA関西では、産業開発、防災、環境管理などの分野を中心に、年間約250コース、約1,800人の研修員を受け入れています。途上国の開発課題解決に向けて有効な協力となるように、研修委託/協力先、研修講師、研修監理員等、様々な関係者と力を合わせて、より質の高い研修を実施していくために、実務的な能力を備え、アクティブに行動できるフットワークと高い志、熱い思いをお持ちの方のご応募をお待ちしています。

問い合わせ先

JICA関西 研修監理課 水野
TEL:078-261-0396
E-Mail:Mizuno.Seiji.2@jica.go.jp

JICA関西 専門嘱託(自治体及び大学との連携強化)の募集(2017年7月18日採用予定)

職務内容

■募集内容
JICAは、日本の地方自治体が培った豊かな経験(例:上下水道整備、廃棄物管理、防災、観光、地域開発)が途上国の多様なニーズに応える上で生かされるよう努めるとともに、自治体側の技術者育成ニーズや地元企業による海外展開支援への取り組みをはじめとする地域の活性化に貢献することを目指しています。JICAと自治体は既に様々な連携を行っており、海外研修員の受け入れ、自治体のノウハウに基づく草の根技術協力事業の実施、自治体職員によるボランティアへの参加、教育委員会との連携による学校での開発教育支援、自治体圏内の企業による海外展開支援などを実施しています。そのうちJICA関西は大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県を所管しています。
また、途上国が抱える開発課題が多様化する中で、知の拠点である大学とJICAの連携もまた欠かせません。JICAは大学生の海外ボランティア派遣や出前講座を通じたグローバル人材の育成、長期研修員制度を通じた留学生の受け入れ促進、草の根技術協力事業や技術協力プロジェクト、地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)を通じた大学における海外との知的貢献とネットワーク強化など、大学のニーズに応じた積極的な貢献を目指しています。

本専門嘱託は、この自治体及び大学との連携強化に関する業務を中心にJICA関西 市民参加協力課が所管する市民参加協力事業に関連する業務を担当します。具体的には、次の業務内容となります。

1.自治体連携に関する業務
(1)関西の自治体に対する問い合わせ窓口
(2)JICA関西内の各課及びJICA内の関連部署とも連携しつつ、自治体の関心とJICAの戦略的アプローチに応じて自治体にJICA事業を周知し連携事業の形成を支援すべく関連情報の収集整理、情報提供および助言を行う
(3)関西の2府4県及び政令指定都市を中心とする自治体との定期協議の開催とフォローアップ
(4)2府4県・政令指定都市を対象とする戦略的アプローチの作成への支援
(5)自治体とJICAの連携強化セミナーの開催
(6)その他自治体連携に係る照会への対応
(7)上記(1)〜(6)を通じて得られた知見の取りまとめ
(8)本件に関する広報活動(JICA内外への情報発信・共有)

※JICAによる自治体との連携強化に向けた取り組みについては、関連リンクをご参照ください。

2. 大学との連携強化に関する業務

(1)関西の大学及び大学生に対する問い合わせ窓口
(2)JICA関西内の各課及びJICA内の関連部署とも連携しながら大学にJICA事業を周知し、大学の関心に応じた連携事業の形成を支援すべく関連情報の収集整理、情報提供および助言を行う
(3)連携協定を締結している4大学との定期協議の開催とフォローアップ
(4)大学との連携講座の企画、実施、結果取り纏め
(5)(4)と関連して実施している市民向け国際協力連続講座の企画、実施、結果取り纏め
(6)インターンシップの実施
(7)その他大学連携に係る照会への対応
(8)上記(1)〜(6)を通じて得られた知見の取りまとめ
(9)本件に関する広報活動(JICA内外への情報発信・共有)

※大学との連携に関する事業については関連リンクをご参照ください。

3. その他、上長の指示する市民参加事業関連業務、および上記事業を実施する上で必要な業務(必要に応じて国内・海外出張も有り得る。市民参加事業関連業務の状況等を踏まえ、市民参加事業に関連する業務の範囲内において担当業務の変更がありうる。)

■業務対象国/勤務地
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 JICA関西
必要に応じて国内、海外出張があります。

■業務期間
2017/07/18 〜2020/07/17
契約更新は年度毎に行い、原則3回までで、最長3年間(2020/7/17)まで契約更新可能。

応募条件等

■必要な語学力
英語(必須) :TOEIC800点相当以上が望ましい。
その他の言語でのコミュニケーション力があれば尚望ましい。

■学位
大学、大学院(修士号または博士号)のいずれかを卒業/修了済であること。

■類似業務経験年数
企業、官公庁、大学、団体等での職務経験を原則として1年以上有すること。

■業務内容による年齢の目安
不問

■青年海外協力隊経験
不問

■その他
1.ODAに関する職務経験を有することが望ましい。自治体や大学に関連する業務経験があれば更に望ましいが、必須では無い。
2.日本語及び英語での業務遂行が可能であること。
3.多様な外部・内部関係者との業務を行う上で十分なコミュニケーション力(交渉力・社会性・共感力)と事務処理能力(文書作成・経理)を備えていること。
4.基本的なパソコン操作(MS WORD/EXCEL/POWERPOINT)ができること。
5.国内外出張に支障がないこと。

■待遇
1 給与:基本給(前歴換算の上決定)及び超過勤務手当の支給あり。
2 諸手当:賞与(6及び12月)、通勤手当を支給。扶養手当、住宅手当、特別都市手当、退職手当は支給なし。
3 勤務時間 :午前9:30から午後5:45までの7時間30分(休憩時間12:30〜13:15)。
4 休日   :土曜、日曜、国民の休日及び年末年始。
5 休暇   :有給休暇あり。
6 社会保険等:雇用保険、労災保険、社会保険(年金、医療)に加入。
7 その他  :昇給あり(雇用期間1年を経過した後の更新時に昇給)。その他、専門嘱託就業規則に基づきます。

■募集人数
1名

■募集期間
2017/5/22〜2017/6/8

応募方法

以下の書類をEメールにて提出して下さい。
(1)提出書類
1.履歴書(和文。写真貼付のこと)
※語学能力については、添付可能な証明書があれば写しを添付して下さい。
※選考結果等の連絡を電子メールで行いますので、必ずメールアドレスを記載下さい。
2.職務経歴書(和文。様式自由。A4用紙1枚程度)
3.志望動機書(和文。様式自由。A4用紙1枚程度)

(2)提出先
下記宛先までE-メールにて送付下さい。(2017年6月8日(木) 17:00必着) ※郵送不可
※情報セキュリティ強化により、Zipファイルは自動削除されます。Zipファイルを解除の上、送付をお願い致します。
※添付ファイルは3M以内として下さい。

【提出先】
独立行政法人国際協力機構
関西国際センター 市民参加協力課 担当 井田(Ida.Akiko@jica.go.jp)

■応募時の注意事項
選考方法:
(1)一次選考:提出書類に基づく書類審査
※書類選考の結果は6月14日(水)を目安に電子メールにてご連絡致します。
※一次選考合格者には、採用日6か月前以内の健康診断結果を提出いただきます。

(2)二次選考:面接
※一次選考合格者に対し、6月19日(月)・20日(火)頃を目安にJICA関西にて面接選考を実施予定。
本件担当者から直接、メールもしくは電話で時間等を調整します。
なお、面接に係る交通費等は自己負担となりますので予めご了承ください。
※二次選考の結果は6月23日(金)までにご連絡致します。
※合否に関するお問合せには一切お答えできません。また、提出書類の返却は
できかねます。予めご了承下さい。
※募集・選考に関するご質問は、下記までお知らせ下さい(募集期間中のみ対応)。

問合せ先

JICA関西 市民参加協力課 井田
TEL:078-261-0384
E-Mail:Ida.Akiko@jica.go.jp