人材募集

【参加者募集!】2020年度 教師海外研修(フィリピン)-2020年5月11日(月)締切-

JICA関西は毎年夏休みの時期に、学校教員や教育委員会指導主事の方を対象に教師海外研修を実施しています。ODA(政府開発援助)で日本が実施する開発途上国のプロジェクト現場やJICA海外協力隊の活動視察、学校見学や現地の子ども達との交流を通して、開発途上国が抱える開発課題についての理解を深め、その経験を教材化してご自身の授業や教育活動で実践していただくプログラムです。

【全体スケジュール(予定・変更になる予定がありますのでご了承ください)】
募集期間: 2020年4月1日~5月11日 印刷版募集要項から変更されていますので、ご注意ください
書類選考: 5月下旬
面接選考: 6月7日(日) 
事前研修: 7月4日(土)—5日(日)
現地研修: 8月9日(日)—18日(火) 日本出国・帰国を含む日程です。
事後研修: 8月30日(日)
授業実践:帰国後~12月上旬まで
報告会:2021年2月上旬を予定(一般公開)
 ※上記のプログラムの全日程にご参加いただけることが参加条件となります。

【訪問国】
フィリピン

【研修テーマ】
SDGs(持続可能な開発目標)に向けて、私たちに何ができるか -日本とフィリピンの関係から考える-
【参加対象】
関西2府4県に在勤の教師または教育委員会指導主事(原則として、応募締切時点で満50歳以下)
※過去に教師海外研修、JICAボランティア、JICA専門家、国際協力レポーター(旧ODA民間モニター)の参加者として開発途上国に派遣された経験を持つ方は応募できません。

【定員】
14名程度
※研修には、JICAのスタッフが同行し、現地JICA事務所と共に安全面には十分に配慮します。

【参加費用】
現地宿泊費及び食費、予防接種代、旅券取得費用、その他個人的な費用等については負担していただいています。
渡航費、研修に係る費用、海外旅行保険料、国内交通費についてはJICAが負担します。


【主催】
独立行政法人国際協力機構関西センター(JICA関西)

【募集期間】
2020年4月1日から5月11日 17時まで  JICA関西必着(郵送に限る)

【お問合せ/申込先】
独立行政法人国際協力機構 関西センター(JICA関西)市民参加協力課 教師海外研修担当
電話:078-261-0384(課直通)
E-mail:jicaksic-kaihatsu@jica.go.jp