国際協力出前講座

JICA九州では、世界各国の開発途上国で活動してきた青年海外協力隊、シニア海外協力隊などのJICAボランティアの経験者またはJICA職員や各県JICAデスク担当者等を講師として派遣する出前講座を実施しています。

(実施例)JICAボランティア体験談を聞く
医療・教育文化・農林水産・スポーツなどさまざまな分野で活動したJICAボランティア経験者が、開発途上国の現場での実体験に基づいてお話しいたします。国際協力や途上国の文化、暮らしはもちろんのこと、環境、道徳、キャリア・進路など、ご希望のテーマや内容、時間に応じて講座を組み立てることができます。(注1)(注2)
(注1)講師はJICAのボランティアとして途上国でのボランティア経験を持ちますが、プロの講師ではありません。「講師にお任せ」にせず、事前の打ち合わせをお願いします。
(注2)基本的には講師の体験談を中心とした講座となります。特定のワークショップ実施を希望される場合には作成元のNGO等に依頼されることを推奨します。

ご相談は随時受け付けております。下記へお気軽にご連絡下さい。
派遣講師がJICAボランティア経験者の場合、謝金と交通費が発生します。原則として依頼団体にご負担いただくことになりますので、予めご了承下さい。
謝金単価については、学校や自治体における講師謝金単価基準がある場合は、そちらに基づきご相談ください。
単価基準がない場合は、目安としては一人当たり1時間 4,600円(JICA規定に基づく)です。

問合せ先

(特活)九州海外協力協会(JICA九州国際協力出前講座担当)
Eメール:demae@npo-kyushu.or.jp
電話番号:092-409-6538
ファックス:092-710-5304
〒812-0025 福岡市博多区店屋町4-8 蝶和ビル503

申込から実施まで

  1. 申込書をご記入の上、実施予定日の1ヵ月前までにEメール、ファックス、または郵送で『(特活)九州海外協力協会(JICA九州国際協力出前講座担当)』までお送りください。講師選定のため、講演の目的やテーマ、リクエストなどの詳細を申込書に必ずご記入ください。
  2. 講演やイベントの内容に適した人材を選び、講師をご紹介します。
  3. お申込いただいた団体、講師で打合わせを行い、詳細な講演内容を決定します。
  4. 出前講座を実施します。
  5. 実施後、アンケート用紙にご記入いただき、2週間以内にEメール、ファックス、または郵送にてご提出ください。今後の出前講座充実のための参考資料とさせていただきます。