NGO-JICAジャパンデスク

スタディーツアーに関するご案内

1.お申込み方法

JICAは市民の皆様が国際協力への理解を深め、また実際に国内外での国際協力活動に参加していくことを通じ、国際社会で求められている日本の国際協力の役割を共に担っていきたいと考えています。

JICAは、日ごろから、JICA事業及び我が国ODA、国際協力や開発問題に関心を持っている市民の皆様から、在外のJICA事業現場への訪問のご相談をいただいています。

こうしたことからJICAラオス事務所では、学校や自治体などの皆様が企画する当地でのスタディーツアーや交流事業へのサポートを行っています。

日本国内からお申し込みの場合は、お住まいの地域、大学等所属機関所在地域にあるJICA国内機関を通じてのお申込みになります。お申込みに関しましては所定の様式があり、JICAホームページ内「よくある質問」よりダウンロードする事ができます。また、提出期限は訪問希望時期の6週間前までです。お申込みに際しては予めJICAホームページ内「よくある質問」をお読みいただき、ご理解、ご協力をお願いいたします。

※各事業の状況によってはご希望に添えない場合もございます。

JICAラオス事務所にて受付・アレンジを行うことができる事項

  • ラオスにて実施中のJICA事業の視察
  • ラオスにおけるJICA事業及び業務の説明・紹介
  • ラオスに対するJICAの観点からの援助動向の説明・相談
  • 当事務所で対応可能な範囲でのラオスの情報の提供

JICAラオス事務所では対応できない事項

  • JICA事業案件以外の視察または他機関関係者への訪問依頼
  • 公共性が認められない場合或いは営利性が認められる場合。
  • 宿泊先、移動手段、通訳等の確保及び費用負担。
  • その他JICAとして対応することが適当でないと考えるもの。