現在の場所は

ビジネス化実証事業

ビジネス化実証事業について

事業概要

事業の目的

開発途上国の課題解決に貢献し得るビジネスの開始に向けて、製品/サービスに対する顧客の受容性を確認した上で、製品・サービス提供体制構築及び収益性確保に目途を立たせ、事業計画の精度を高める

事業内容

以下の項目の実施主体を企業とし、JICA/コンサルタントが支援

事業実施体制

JICAがあらかじめ配置したコンサルタントによるビジネスアドバイザリ、経費支出支援を得ながら速やかに事業を開始し、事業計画を策定する実施体制です。

ビジネス化支援型

JICAがコンサルタントと共に企業によるビジネス化を支援

【画像】

(1)予めJICAがコンサルタントを選定、契約
(2)企業とJICAの間では、対象経費の直接のやり取りを原則発生しない契約を締結
(3)JICA・コンサルタントの支援を得つつ調査計画を策定
(4)調査に必要な主な経費はコンサルタントが支出
(5)企業からの成果品:ビジネスプラン等をJICAへ選出
コンサルタントからの成果品:支援報告書をJICAへ提出

調査対象国

原則としてJICA在外事務所などの所在国(対象国は複数国も可)

対象分野

全分野

事業期間

支援開始から1年4か月程度

【画像】

事業の経費等

公示・募集・説明会情報

応募の手続きにつきましては、下記「公示・募集・説明会情報」をご覧ください。

採択事業

採択後、順次公開予定。

参考情報

前身の制度となります、過去の「基礎調査(中小企業支援型)」、「案件化調査(中小企業支援型、SDGsビジネス支援型)」はこちらよりご覧いただけます。

問い合わせ先

支援メニュー一覧

案件事例検索

採択案件の詳細情報をご紹介。

案件検索ページへ

PAGE TOP