研修員受入事業

四国の技術を世界へ

JICAは、開発途上国の国づくりの中核となる人材を育成する目的で、毎年およそ150か国から1万人を超える行政官や技術者などを、各国政府からの要請に基づき研修員として受入れています。研修員は、各国の様々な開発課題を解決するのに必要な技術や知識を学び、また、日本での生活を通して、日本の文化や日本人に対する理解を深めて帰国し、それぞれの国の発展に貢献することが期待されています。

四国4県を所管するJICA四国では、自然災害に対する包括的な防災・減災の取り組み、渇水対策にも資する効率的な水資源管理、地場産業振興・地域活性化、自然条件を最大限活かした再生可能エネルギーの活用、そして国内トップレベルの教員養成の実績と開発途上国への協力経験を誇る大学との連携による教育分野の協力など、開発途上国の課題解決に資する四国ならではの強みを活かした研修事業を展開しています。

お問合せ先

JICA四国

場所:〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町3番地 香川三友ビル1階
TEL:087-821-8824(代表)
FAX:087-822-8870