教師海外研修

2021年度教師国内研修

JICA筑波では、これまで、国際理解教育に熱心に取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうとしている小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の先生方及び教育委員会の指導主事の方々を対象に「教師海外研修」を実施してきました。

今年度は、新型コロナウイルス感染拡大の状況から海外渡航が難しいため、「教師国内研修」として実施します。本研修は、国内の関連地域・団体等を訪問することで、SDGs(持続可能な開発目標)や多文化共生の現状や課題について理解を深め、その成果を児童・生徒の教育に役立てていただくことを目的としています。研修参加後は、JICA筑波と協力し、教育現場で国際理解教育/開発教育やSDGsの推進に活躍していただくこともねらいとしています。

【画像】

【画像】

【画像】

対象 茨城県および栃木県内の小・中・高等学校等に勤務する教員など
(注)応募資格・参加条件・費用等については募集要項をご覧ください。
研修内容
  • 事前研修 7月10日(土)、7月17日(土)
  • 国内フィールドワーク(茨城県、栃木県、埼玉県を訪問予定)
    8月4日(水)~8月6日(金)、9月17日(金)~9月18日(土)
  • 事後研修 8月21日(土)
  • 授業実践(各勤務校) 10月~12月
  • 授業実践報告会 2022年1月~2月(土)栃木県、2月5日(土)全体
応募方法

所定の応募用紙に必要事項をもれなくご記入の上、「JICA筑波 開発教育支援事業運営事務局」担当宛に郵送願います。

お問合せ先 JICA筑波 開発教育支援事業運営事務局 教師国内研修担当:日暮、渡邊
〒330-6027 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 明治安田生命さいたま新都心ビル27階 アイ・シー・ネット株式会社内
電話番号:080-9807-7588
ファックス:048-600-2501
メール:jicatbic_kaihatsu@icnet.co.jp