JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2017

「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト」は、開発途上国の現状や開発途上国と日本の関係について理解を深め、国際社会の中で日本、そして自分たち一人ひとりがどのように行動すべきかを考えることを目的として実施しています。

2017年度のエッセイコンテストは、「世界の人々と共に生きるために -私たちの考えること、出来ること-」をテーマにして行われました。中学生の部では38,459作品、高校生の部では31,685作品、総数70,144作品の応募が全国からありました。

神奈川県からは中学生の部で、1,656作品、高校生の部で、1,095作品、山梨県からは中学生の部で、68作品、高校生の部で、65作品の応募がありました。

2018年度もエッセイコンテストは実施予定です。みなさまのご応募をお待ちしています!

【画像】

学校賞および、青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞を受賞した川出真子さん (神奈川県立相模原中等教育学校)

【画像】

佳作を受賞した齊藤冬華さん (相模女子大学高等部)

【画像】

佳作を受賞した太田蒼衣さん (神奈川県立鎌倉高等学校)

【画像】

佳作を受賞した小林果凛さん (川崎市立川崎高等学校附属中学校)

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2017受賞作品

2017年度の神奈川県・山梨県の審査結果・受賞作品は以下のとおりです。おめでとうございます!

個人賞

中学生の部(神奈川県)
個人賞名 氏名 学校名/学年 タイトル
国際協力特別賞 鈴木 愛 フェリス女学院中学校 「認めあうこと」
国際協力特別賞 鈴木 華子 桐蔭学園中学校 新しい世界を一緒に見たくて
国際協力特別賞 今 愛莉 関東学院中学校 「知らないなら伝えよう」
独立行政法人国際協力機構 横浜国際センター 所長賞 峯岸 亜美 フェリス女学院中学校 「肌で感じる異文化学習」
佳作 小林 果凛 川崎市立川崎高等学校附属中学校 世界と共に生きる
佳作 鵜飼 尚暉 横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校 「今を生きること」
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 西本 真彩 川崎市立川崎高等学校附属中学校 社会をつくる仲間になりたい
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 川出 真子 神奈川県立相模原中等教育学校 サッカーで笑顔に
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 比護 匠 横須賀市立池上中学校 <世界の人々と共に生きるために~私たちの考えること、出来ること>
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 中井 賢治 横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校 「言葉の壁を乗り越えて」
中学生の部(山梨県)
個人賞名 氏名 学校名/学年 タイトル
佳作 古屋 奈々子 山梨英和中学校 私の心
高校生の部(神奈川県)
個人賞名 氏名 学校名/学年 タイトル
外務大臣賞 川口 博也 慶應義塾高等学校 「小さな活動から得た僕の夢」
国際協力特別賞 川下 晃嘉里 学校法人 藤嶺学園 鵠沼高等学校 「違いを受け入れる」
佳作 齊藤 冬華 相模女子大学高等部 真の力
佳作 太田 蒼衣 神奈川県立鎌倉高等学校 カレーライスと日本の移民問題
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 佐々木 萌 神奈川県立横浜平沼高等学校 「世界の子供たちのために」
青年海外協力隊神奈川県OB会会長賞 砂原 千夏 学校法人 藤嶺学園 鵠沼高等学校 日本以外の世界
高校生の部(山梨県)
個人賞名 氏名 学校名/学年 タイトル
独立行政法人国際協力機構 横浜国際センター 所長賞 萩原 あき江 山梨県立吉田高等学校 イェス!プレゼンッ!

団体賞

中学生の部(神奈川県)
賞名 学校名
学校賞 橘学苑中学校・高等学校、横浜市立岩崎中学校、関東学院中学校、洗足学園中学校、横浜市立市場中学校、横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校、横浜市立緑が丘中学校、神奈川県立相模原中等教育学校、葉山町立葉山中学校
中学生の部(山梨県)
賞名 学校名
学校賞 小菅村立小菅中学校
高校生の部(神奈川県)
賞名 学校名
学校賞 横浜雙葉高等学校、川崎市立川崎高等学校、学校法人 藤嶺学園 鵠沼高等学校、川崎市立橘高等学校、学校法人総持学園 鶴見大学附属高等学校