TICAD

2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD V)において、小規模農家の所得向上を果たしたSHEPの広域展開が今後のアフリカにおける農業分野の柱のひとつとして打ち出されました。

SHEPは、TICAD Vの開会式における安倍総理のスピーチにおいて、「『食べるため』から『稼ぐため』の農業に変えていきたい」、「(SHEPは)市場に行って何が売れ筋か農村の女性自身が確かめ、付加価値の高い園芸品を効率よく作る方法」と言及されました。

TICAD V横浜行動計画農業セクターのメッセージは「農業従事者を成長の主人公に」。SHEPアプローチは農業・食料安全保障・栄養セクターの4つの重点分野の一つとなっています。

TICADVの主な支援策

農業従事者を成長の主人公に(農業、食料、栄養安全保障)

【画像】

  • 自給自足から儲かる農業への転換(SHEPアプローチ)を10ヵ国で展開。技術指導者1,000人の人材育成、5万人の小農組織を育成。
TICAD V横浜行動計画(2013〜2017)で掲げたSHEPアプローチ関連指標は以下のとおりです。

  • SHEPアプローチの展開:10か国
  • SHEPアプローチを推進する技術指導者の育成:1,000人
  • SHEPアプローチを実践する小規模農民の育成:50,000人

現在、アフリカ23カ国の1,900名の普及員を含む行政官がSHEPのプログラムに参加し、42,468名の農家が支援を受けています。(2016年度時点)