環境管理

廃棄物管理分野での新型コロナウイルス感染対策支援について

JICAは国内の幅広い関係者とともに、日本の知見を生かした分野横断的な感染症対策のアプローチを行っています。新型コロナウイルス感染拡大期の途上国支援として環境管理分野で最もニーズが高いもののひとつに「廃棄物管理」があげられます。廃棄物管理事業は衛生的な都市環境の維持に必要不可欠な社会サービスであり、コロナ禍においても事業を継続することが求められる一方で、不特定多数の家庭や事業所から排出される廃棄物を扱うことから感染防止や感染拡大の要因とならないよう、これまで以上に慎重な対応や衛生管理への追加的な配慮が必要な状況が生じています。

このような状況を受け、JICAでは、各国で実施中の廃棄物管理分野の技術協力プロジェクトを活用して感染予防物資等を迅速に提供したほか、廃棄物処理・清掃事業関係者の衛生安全の確保、収集運搬の合理化などの活動を、専門家チーム・現地カウンターパートと協働して行っています。また、作業員の感染リスクを抑えるための対策ガイドラインの整備や住民向けの衛生啓発などにも取り組んでいます。これらの活動を通じ、緊急時のみならず中長期的にも有効に機能する廃棄物管理体制の強化を支援し、ひいては感染症を含む災害に対しても強靭な都市づくりにつなげていきます。

【画像】

住民向けの感染対策リーフレット

【画像】

提供した廃棄物処理ガイドラインに従って感染対策の指導が行われる様子

【画像】

バングラデシュにおける廃棄物管理従事者への感染症対策保護具供与の様子

資料集:技術協力プロジェクト「バングラデシュ南北ダッカ市及びチッタゴン市廃棄物管理能力強化プロジェクト」にて作成した感染対策のためのリーフレット等

ガイドライン(英語)

ポケットサイズマニュアル(英語)

リーフレット(英語)

新型コロナウイルス感染症に対するJICAの取り組み

廃棄物管理分野の新型コロナウイルス感染対策支援について-実施中協力の活用によるJICAの緊急支援-

(一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会機関誌『季刊 環境技術会誌』181号(2020年10月)掲載)

戦略ガイドライン:COVID-19に対する廃棄物管理について

アフリカのきれいな街プラットフォーム(ACCP)では、COVID-19感染下における廃棄物管理支援として戦略ガイドラインを公開しています。本ガイドラインは、COVID-19への対応戦略を策定する際の支援をするもので、特にパンデミック状況下において自治体の廃棄物管理サービスをどのように運営していくかを示すものです。10の戦略ポイント及び世界各国の事例が掲載されています。

【コロナ対策】南スーダンにおける新型コロナウイルス感染症対策のための緊急支援-安心して暮らせる都市衛生環境を市民に届けるために廃棄物管理に携わる作業員等に防護用及び啓発活動用資材の提供-