JICA事業と調達の関係

JICAの事業は、大きく以下の5段階に大別されます。それら個々の段階で業務を実施していく中で、必要な役務・サービス、資機材等の調達を行っています。

  1. 援助戦略(プログラム形成)段階
  2. 案件形成(個別プロジェクト形成)段階
  3. 審査段階
  4. 実施(個別プロジェクト実施)段階
  5. 評価、フォローアップ段階

また、これら事業を実施していくにあたり必要となる組織運営等に関する物品、役務等を「国内向け物品、役務の調達」、「その他、工事、不動産の調達」等を通じて、調達しています。

JICAの事業と調達の関係(イメージ図)
【図表】