消費税率引き上げに伴う請求書様式の更新について

2019年10月23日
調達部

対象:2019年3月31日以前に契約締結し、2019年10月1日以降に履行終了する案件(経過措置対象案件)

2019年3月31日以前に契約締結し、2019年10月1日以降に履行終了する案件については、「平成31年(2019年)10月1日以後適用する消費税率等に関する経過措置(平成30年10月国税庁公表)」の対象となるため、10月1日以降に行う請求においても消費税率8%が適用されます。この請求に際しては経過措置適用の旨の明示を要するため、以下の文言を追記した新たな請求書様式を作成しました。つきましては、経過措置対象案件の受注者においては、今後の部分払、概算払、精算払の請求書は、この新様式により作成されますようお願いいたします。

追記文言:
なお、本契約は、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」(平成24年法律第68号)附則第5条第3項に規定する経過措置の適用対象となるものです。

添付資料

対象:2019年3月31日以前に契約締結し、2019年10月1日以降に履行終了する案件(経過措置対象案件)

部分払、概算払

新様式:

精算払

新様式: