教師海外研修

国際教育や開発教育に取り組んでいる教員の方々を対象に、国内研修と国際協力の現場を視察する海外研修を通し、開発途上国の現状や途上国と日本との関係、国際協力への理解を深め、その成果を教育現場で児童・生徒に還元していただくことを目的とした研修プログラムです。
2022年度は教師海外研修を中止し、以下のプログラムを実施します。

2022年度JICA中国 教師国内研修のご案内

国際教育やESDに関心のある中国地方の先生方を対象に、国内でのフィールドワークや講義、ワークショップを通して、「誰ひとり取り残さない持続可能な社会」の在り方を考えます。その成果として、学校現場で活用できる参加型教材を参加者全員で作成して頂くことで、学びの知見を児童・生徒に還元していただく研修です。詳細は「募集要項」をご覧ください。

対象および応募条件

【画像】

【画像】

【画像】

  • 中国5県の国公立私立の小学校中学校高等学校中等教育学校高等専門学校特別支援校に勤める教員及び教育委員会の指導主事(臨時採用、講師も可)
  • 授業またはクラブ活動で開発教育国際教育を実施している(実施予定)の教員(臨時採用、講師も可)。
  • 教師海外研修過年度参加者、JICAボランティア参加歴のある方もご参加頂けます。
  • 本研修の趣旨目的を十分理解し、原則、全研修に参加可能であること(一部参加できない日程がある場合はご相談ください)
  • 所属する学校の管理職の許可が得られること
  • 将来、JICAが実施する開発教育支援事業やイベントにご協力いただけること
  • 本事業に関連して撮影された写真及び事業の結果、作成された著作物についてJICAが広報目的で使用することについて承諾すること

募集人数

10名程度

応募方法および応募締切

応募用紙に必要事項をご記入の上、JICA中国市民参加協力課までメールまたはFAXでお送りください。
2022年6月30日(木)17時必着

選考

応募数が定員を超えた場合のみ、応募書類で選考させて頂きます。

研修日程

【画像】

(注)いずれも原則参加必須です。

  • 事前研修:7月中旬~下旬のいずれかの土日 1泊2日
    会場:JICA中国
  • 国内研修(フィールドワーク):2022年8月2日~3週目の最長6日間程度
    (注)上記は参加者の予定を可能な限り考慮して日程を調整します
  • 事後研修:9月3日(土)~4日(日)1泊2日
    会場:JICA中国
  • 派遣後研修(報告会):2023年1月28日(土)
    会場:広島県内

(注)今後の新型コロナウィルスの感染状況等により、参加者および関係者の感染防止を最優先にするため、研修やフィールドワークを延期・中止およびオンライン実施等へ変更する可能性があります。

お問合せ・応募先

JICA中国 市民参加協力課 教師国内研修担当
〒730-0046 広島県東広島市鏡山3-3-1
電話番号:082-421-6305
ファックス:082-420-8082
メール:jicacice@jica.go.jp

後援

広島県教育委員会・岡山県教育委員会・鳥取県教育委員会・島根県教育委員会・山口県教育委員会・広島市教育委員会・岡山市教育委員会(予定)

実施報告

2021年度

JICA事業を活用した先生方の継続的な取り組み

過年度