岡山県の情報

推進員の紹介

岡山県国際協力推進員

【写真】

氏名:
守都 未来(もりと みき)
配属先:
(一財)岡山県国際交流協会

国際協力に関する経験

1999年~2000年 AMDA高校生会(現在のAMDA中高生会)在籍
AMDA職員と医師に同行し、カンボジアとタイを訪問。無医村の巡回診療に同行し、地雷による被害の状況や、公衆衛生の課題について学ぶ。旅の道中で、日本からの募金で建設された多くの学校が、職員の不足や資金難、教育への意識の低さなどにより使われないまま放置されている現状を目にし、善意だけでは助けにならないことを痛感。国際開発の道へ進学することを決意する。
2005年~2009年 カナダのトレント大学にて国際開発学を専攻。
フェアトレードキャンパスに認定されているリベラルな学風の中、「幸せとは何か」「どうすれば人は幸せになれるのか」という質問の答えを探し続ける。またカナダの多文化社会で生活する中で、日本での多文化共生について関心を抱く。
2010年~2012年 多文化共生を目指す団体の立ち上げ
まずは地域の問題を解決する糸口となればと、外国にルーツをもち岡山で子育てをされている方々と交流し、外国人の孤立化を防ぐための任意団体「Planet Cafe」を立ち上げる。バングラデシュ・インド・パキスタン・マレーシア・フィリピン・韓国など、岡山で子育てをされている親子とつながり、料理教室やイベントなど互いの文化について学んだり交流したりしながら、岡山でのネットワークづくりと情報交換の場を構築。
2016年~2018年2月 岡山ユニセフ協会
多国籍の子どもたちに関わる中で、もっと多くの方々に世界の現状や日本での取り組みについて知ってもらいたいと、出前授業の講師やイベントの企画実施などに携わる傍ら子育てサロンユニっこクラブを主催。また岡山でフェアトレードの普及に向けた活動にも積極的に関わる。
<メッセージ>
みなさんこんにちは。
2018年3月より岡山県の国際協力推進員をしています。
他県の推進員の皆さんと違いJICAボランティアの経験はございませんが、私なりの視点を大切に岡山での国際協力・国際理解の輪を広げていきたいと思っています。JICAボランティアに興味がある、国際協力の進路を考えている、企業や大学、自治体として貢献できることを知りたい、世界と自分とのつながりを知るイベントやワークショップに参加したいなど、ぜひお気軽にお声がけください。
配置先住所:
〒700-0026 岡山市北区奉還町2-2-1 岡山県国際交流協会
岡山県JICAデスク
電話番号:086-256-2917
FAX:086-256-2489
URL:http://www.opief.or.jp/
Eメール:okayama-desk_morito@friends.jica.go.jp

ソーシャルメディア

岡山県を中心とした国際イベントやデスクの活動の舞台裏など最新情報をいち早くお届けします。

広域情報(中国地方)

中国5県で開催されるイベント情報を掲載しています。