電磁的記録を専用機器で再生したものによる閲覧手数料算定のための実費計算

開示請求処理事務の所要時間 (0.5MBあたり)215秒(3.58分)

[積算]
1.ファイルの抽出・編集215秒
(1)開示請求対象〈以下対象ファイル〉の抽出・編集125秒
 ・作業者所属の課・室のサーバ等からの対象ファイル抽出作業110秒
 ・対閲覧用フォルダへ抽出済みファイルをコピー15秒
(2)閲覧用フォルダ内の抽出済みファイルが請求と合致しているか確認90秒
2.閲覧
※文書約100枚を専用機器で閲覧するための時間(想定)
6,180秒
1.人件費
(1)人件費の1時間当たり単価3,516円
(2)開示請求処理事務の所要時間215秒(3.58分)
(3)人件費計算3,516円 X 3.58/60=210円
2.庁費
a.ファイルの抽出・編集
 (1)庁費の1時間当たり単価144円
 (2)開示請求処理事務の所要時間215秒(3.58分)
(3)庁費計算144円 X 3.58/60=9円
b.閲覧
 (1)庁費の1時間当たり単価144円
 (2)開示請求処理事務の所要時間6,180秒(103.00分)
(3)庁費計算144円 X 103/60=247円
3.その他経費
(1)専用機器の1時間あたりのリース料146円
(2)閲覧の所要時間6,180秒(103.00分)
(3)その他経費計算146円 X 103/60=251円
4.合計
(1)人件費210円
(2)庁費256円
(3)その他経費251円
=
717円

710円

(10円未満切り捨て)

(注)

  1. 電磁的記録の探索、職員の立ち会いおよび部分開示に係る所要時間は、手数料算定のための実費計算からは除外した。