教師海外研修

【画像】

「教師海外研修」は開発教育・国際理解教育に関心のある教師及び教育委員会指導主事等を対象に実施している国内と途上国での研修です。研修を通し開発途上国の現状や国際協力の現場、日本との関係などについて理解を深めて頂き、その成果を次世代を担う児童・生徒への開発教育・国際理解教育に役立てて頂くことを目的としています。

子供たちが社会に出る時、外国の方達が身近な地域で住んだり働いたりすることが今よりも更に増えていることが予想されます。"国際理解・国際協力"は自分に関係ないことではなく、知っておくべき身近な出来事となりつつあります。本研修は子供たちの世界、視野、可能性を世界に広げるために、まずは教育現場にいる先生達がグローバルな知識や経験を積めるようプログラムをアレンジしています。また、研修終了後も、開発教育・国際理解教育に継続的に取り組み、地域で中核的指導者として活躍頂くことを期待しています。

2020年度 JICA中部・北陸 教師海外研修(一般コース)参加者募集!

新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、今年度に開催を予定していたJICA中部・北陸教師海外研修は中止となりました。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

研修国

モザンビーク共和国(南アフリカ共和国の北東に位置しています)

海外研修期間

2020年7月25日(土)~8月8日(土)
海外研修以外に国内での研修も予定しています。研修の全日程は募集要項でご確認下さい。

募集締め切り

2020年5月11日(月)必着(JICA北陸に郵送または持参)

募集対象

富山県、石川県、福井県の国公立、私立の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校の教員

募集人数

4名程度(応募書類および面接に基づき選考を行います)

応募書類

募集要項(PDFファイル)で研修の詳細や応募方法、必要経費などをご確認下さい。
応募用紙への記入は手書き、パソコン入力、どちらでも構いません。

関連ファイル:

こんな先生にオススメ!

  • グローバル教育、国際理解教育を今後北陸地域で実践し広めていきたい方
  • 既に国際理解教育を実践しているが、実体験が十分ではなく教育者として説得力が不足していると感じている方
  • 教員としてこれからも成長していくために、国際理解教育について他校の先生方と一緒に学びあいたい方
  • 観光では見られない開発途上国の学校や国際協力の現場などを訪問し、現地の人や子どもたち、協力する日本人と直接交流してみたい方

お問い合わせ

独立行政法人 国際協力機構 北陸センター(JICA北陸) 開発教育支援事業担当
〒920-0853 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ(オフィス棟)4F
メール:jicahric@jica.go.jp
電話番号:076-233-5931
ファックス:076-233-5959