JICA研究所

ニュース&コラム

書籍発刊セミナー 『Applying the Kaizen in Africa: A New Avenue for Industrial Development』

終了イベント

開催日時

2018年11月20日(火曜日)15時00分から16時40分

開催場所

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル2階 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容
Applying the Kaizen in Africa

サブサハラ・アフリカは、長らく経済が停滞している地域として見なされてきましたが、この20年間は高い経済成長を見せています。しかしこの成長は、石油をはじめとした天然資源の価格高騰にけん引されてきたものであり、持続可能な経済成長に不可欠な生産性の向上によるものではありませんでした。

このため、本英文書籍の編者らは、「生産性の向上を経済成長の原動力にするために、マネジメント能力の養成が必須条件だ」と述べています。そして品質と生産性の向上のために、日本式の管理手法であるカイゼンを導入することが、アフリカにおける産業開発の効果的な出発点であると議論しています。

また、本書はあるべき支援の効果的な流れを提案しています。まず起業家に向けてのカイゼンについてのトレーニング(Training)から始まり、次にインフラ投資(Infrastructure investment)、資金援助(Financial supports)を組み合わせるというもので、頭文字をとって「TIF戦略」と名付けられています。

本書はオープン・アクセスという形式で出版されており、パルグレイブ・マクミラン社の以下のウェブサイトより全文を無料でダウンロードできますので、ご利用ください。

本セミナーは、日本に滞在しているアフリカ各国大使館の外交官や政府関係者の皆さま、アフリカでのビジネスに関わる、あるいは興味を持たれる民間会社の皆さま、アフリカの開発に関わる専門家、研究者、学生および市民の皆さまに、主にご参加いただくことを想定しています。本セミナーを通じて、アフリカにおける産業開発において、カイゼンが最も有効な第一歩となること、また、日本の企業がアフリカでビジネス・パートナーを見つけるためにも重要なツールとなることをご理解いただけます。

書籍ダウンロード(パルグレイブ・マクミラン社 ウェブサイト)

プログラム

15:00 プログラム説明
15:05 開会のあいさつ(JICA研究所 大野泉研究所長)
15:10 編者による書籍の概要紹介
 神戸大学 大塚啓二郎教授
 JICA産業開発・公共政策部 神公明専任参事
 エチオピアカイゼン機構 ゲタフン・タデッセ・メコネン前所長
15:30 本書に対する論評
 名古屋大学 クリスチャン・オチア准教授
 豊田通商株式会社 落合武彦氏
 駐日ザンビア大使館 特命全権大使ンディヨイ・ムティティ閣下
16:00 編者による応答
16:10 フロアとの質疑応答
16:35 閉会のあいさつ(JICA 加藤宏理事)

言語

英語・日本語(同時通訳あり)

参加費

無料

定員

120人

留意点

●写真撮影について
本イベントにて撮影された写真は、JICA研究所のウェブサイトに掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが⼊る可能性もありますので併せてご了承ください。

●お車での来所について
当日当機構の駐車場はご利用いただけませんので、ご注意ください。原則として、公共交通機関のご利用をお願いしています。なお、当ビルへの乗降車は可能です。ご不便、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、ご理解承りますようお願い申し上げます。

●「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
JICAは、SDGs推進と東京2020大会のため、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に賛同・参加中です(以下リンクご参照)。会場の市ヶ谷ビル1階受付に、使用済携帯電話・スマホの回収箱を設置しておりますので、ご家庭に不要な機器があれば、ぜひご持参いただきますようお願い申し上げます。 

問い合わせ

独立行政法人国際協力機構 JICA研究所(担当:髙島・及川)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ