JICA緒方研究所

ニュース&コラム

T20公式サイドイベント「SDGs実施はどのように進んでいるのか~世界各地域の研究者が語る~」(Southern Voice & JICA 研究所共催 パネル・ディスカッション)

終了イベント

開催日時

2019年5月28日(火曜日)10時00分から12時30分

開催場所

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル2F 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容

JICA研究所はG20大阪サミットへの知的インプットとして、Think 20 (T20)Japanプロセスを通じて、持続可能な開発目標(SDGs)の実現にむけた政策提言をとりまとめています。本セミナーは、世界の開発途上地域で活動する50余のシンクタンクと研究ネットワークをもつSouthern Voiceのイニシアティブを紹介し、世界各地でのSDGs進捗状況をレビューし、今後の推進に向けた示唆を導くことを目的として開催するものです。

SDGsは2030年をターゲットとして、先進国と開発途上国すべてが持続可能な世界をめざして取り組む普遍的なアジェンダです。同時に、各地域や国々はそれぞれ固有の現実、能力、発展段階や優先課題等に直面しており、グローバルなシステムのもとで、それぞれの多様性を尊重しながら、2030年アジェンダがめざす普遍的な価値を実現していくことは、決して容易ではありません。

本セミナーは、アジア・アフリカ・中南米・欧州の4地域の研究者をパネリストに迎え、SDGsというグローバルな目標が、各地域・国のローカルな事情に応じてどのような政策や具体的アクションに翻訳され実践されているのか、課題は何かについて共有し、相互に学ぶ機会を提供します。また、日本のSDGs実施状況やG20に向けた取組についても紹介する機会といたします。SDGs推進に関心ある多くの方々のご参加のもと、本セミナーが6月末のG20大阪サミットや9月に予定されている国連SDGsサミット等への知的貢献の場となることを期待します。

プログラム

10:00-10:05 開会挨拶 (大野泉 JICA研究所研究所長)
10:05-10:10 セミナー趣旨説明 (エステファニア・チャルベット Southern Voiceプログラムオフィサー)
10:10-11:05 パネル・ディスカッション
11:05-11:25 質疑応答(Q & A)
11:25-11:30 ラップアップ・閉会
11:45-12:30 ネットワーキング・ランチ
*セミナー後に軽食を交えてT20サミットで来日する研究者との懇親の機会を設けます。

登壇者

*モデレーター:エステファニア・チャルベット

・パネリスト1: ヴィラヌエバ・レベッカ (Mora Institute, メキシコ) – 中南米の視点から
・パネリスト2: アデデジ・アデニラン (Center for the Study of the Economies of Africa, ナイジェリア) – アフリカの視点から
・パネリスト3: ムスタフィズル・ラーマン (Center for Public Policy, バングラデシュ) – アジアの視点から

*コメンテーター
・甲木浩太郎 外務省国際協力局地球規模課題総括課 課長
・ベライ・ベガショ アフリカ地域持続可能な開発目標センター 総裁

—政策の一貫性、制度的側面、資金動員、パートナーシップと参加、データと説明責任に焦点をあてて議論します。


<登壇者プロフィール>

エステファニア・チャルベット (Estefania Charvet):
Programme Officer at Southern Voice for the State of the Sustainable Development Goals (SDGs) initiative. Before joining Southern Voice, Estefania worked for research organizations and think tanks in South America and Europe. She was responsible for conducting research on political inclusion, gender, participation, and accountability.

ヴィラヌエバ・レベッカ (Rebecka Villanueva Ulfgard):
Associate Professor in International Studies, Instituto Mora, Mexico City (since 2008). She has published with English and Spanish editorials and journals on Mexico and the 2030 Agenda/Sustainable Development Goals, Mexico in the G20, Mexico’s International Development Cooperation Agency (AMEXCID), and the inclusion of civil society and academia in the foreign policy process and multilateral issues. She is the editor of Mexico and the post-2015 Development Agenda: Contributions and Challenges (Palgrave Macmillan, 2017), and the lead coordinator of the Palgrave Macmillan series on “Governance, Development and Social Inclusion in Latin America”.

アデデジ・アデニラン (Adedeji Adeniran):
Senior Research Fellow at Center for the Study of the Economies of Africa in Nigeria. He holds a Ph.D from the University of Witwatersrand, South Africa. He also holds a Masters’ and Bachelor’s degree in Economics and Educational Management/Economics from the University of Ibadan. He previously worked as a seasonal Lecturer in the Department of Witwatersrand, as a Data Analyst at the Analyst Data Services and Resources (ADSR) and as a Teaching Assistant in the Department of Economics University of Ibadan

ムスタフィズル・ラーマン (Mustafizur Rahman):
Professor Mustafizur Rahman is currently serving as Distinguished Fellow at the Centre for Policy Dialogue (CPD), a leading think tank in South Asia. Prior to this he was Executive Director of the CPD (2007-2017) in Bangladesh. He leads the Regional Chapter on Asia as part of Southern Voice flagship initiative “State of the SDGs”.

甲木浩太郎 (Kotaro Katsuki):
Director, Global Issues Cooperation Division, International Cooperation Bureau of the Ministry of Foreign Affairs of Japan (MoFA). His major assignments include: the Embassy of Japan in the United States of America (First Secretary) and later in the People’s Republic of China (Counselor), Regional Policy Division at the Asian and Oceanian Affairs Bureau (Principal Deputy Director), Southeast Asia Economic Partnership Agreement Division (Director) and Third Division of the Intelligence and Analysis Service (Director). He graduated from the University of Tokyo in 1994 and obtained MA for Regional Studies East Asia at the Graduate School of Arts and Sciences, Harvard University in 1998.

ベライ・ベガショ (Belay Begashaw):
Director General of the Sustainable Development Goals Center for Africa (SDGC/A). He was the founding Director of the Columbia Global Centers for Africa, and also served as Director of MDG center for Eastern and Southern Africa at the Earth Institute of Columbia University. Dr. Begashaw has over 20 years of experience in agriculture extension and rural development, ranging from a grass-roots development agent to the Minister of Agriculture for Ethiopia. In the past ten years, he has done extensive consulting and advisory work to several public and international organizations in the area of food security, poverty reduction and investment, climate change and resilience building, development finance and governance.

主催

JICA研究所

言語

英語(通訳なし)

参加費

無料

定員

120名

留意点

座席数が限られておりますため、定員を超えた場合はお断りする場合がございます。本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

問い合わせ

独立行政法人国際協力機構 JICA研究所(担当:宮本)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ