JICA緒方研究所

ニュース&コラム

書籍ローンチセミナー「紛争から協調へーアフリカ多民族社会の課題: TICAD7後のアフリカ開発を展望する」

終了イベント

開催日時

2019年11月12日(火曜日)15時00分から17時15分

開催場所

JICA研究所 600会議室
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容

対立する民族間の融和に尽力するエチオピアのアビー首相が2019年のノーベル平和賞を受賞し、今般、アフリカにおける安定的な発展と社会的な融和・統合の在り方について大きな注目が集まっています。

JICA研究所は神戸大学との共同研究により、アフリカにおける民族の多様性と経済的な不安定性の相関性について、経済学、政治学、人類学、歴史学などの学際的な視点から包括的に分析し、これまでに2冊の書籍(注)を出版しています。そして、今年9月には、同研究に関連した3冊目の書籍『From Divided Pasts to Cohesive Futures: Reflections on Africa』が、ケンブリッジ大学出版局より発刊されました。ついては、同出版を記念し、アフリカの多民族社会における社会的融和・統合と開発について議論するセミナーを、神戸大学経済経営研究所と共催します。

アフリカ諸国は、民族やその他の多様性を、分裂や不安定の要因ではなく、成長と発展を推進する強みとして活かすことにより、どのような未来を構築していくことができるのでしょうか。同研究を主導されてきたデューク大学の日野博之先生ならびに京都大学の高橋基樹先生に加え、アフリカ開発にかかる有識者の方々をお招きし、アフリカの持続可能な開発に向けた今後の展望と課題について考察を深めていきます。TICADを含む国際社会の役割を含め、皆様と意見交換する機会になればと願っています。

(注)
『Ethnic Diversity and Economic Instability in Africa: Interdisciplinary Perspectives』
(2012年、ケンブリッジ大学出版局)
『How Can Africa Flourish with Ethnic Diversity? : Synopsis of the Fifth Kobe University/JICA Conference on Ethnic Diversity and Economic Instability in Africa』
(2013年、神戸大学経済経営研究所)

プログラム(案)

15:00-15:05 開会あいさつ 
萱島信子 国際協力機構(JICA)理事

15:05-15:45 基調講演「From Divided Pasts to Cohesive Futures: Reflections on Africa」
日野博之 
デューク大学客員研究員(Center for International Global Studies)、元ケニア首相アドバイザー(JICA専門家)、元IMFアジア太平洋地域事務所長

15:45-16:45 パネル・ディスカッション

パネリスト(五十音順): 
石川薫   
川村学園理事・同女子大学特任教授、国際教養大学客員教授、元カナダ大使・エジプト大使・外務省経済局長

テショメ イマナ 
アディスアベバ大学社会科学学部社会人類学科・学科長、准教授

高橋基樹  
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究科教授、神戸大学名誉教授

玉木林太郎 
国際金融情報センター理事長、元財務官、元OECD事務次長  
     
日野博之  
デューク大学客員研究員

モデレーター: 大野泉 JICA研究所長

16:45-17:10 質疑応答

17:10-17:15 まとめと閉会の辞
浜口伸明 神戸大学経済経営研究所長/教授

共催

JICA研究所、神戸大学経済経営研究所

言語

英語/日本語(同時通訳)

参加費

無料

定員

70名程度

留意点

・座席数が限られておりますため、定員を超えた場合はお断りする場合がございます。

・本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

問い合わせ

JICA研究所(担当:中村)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ