JICA緒方研究所

ニュース&コラム

セミナー「途上国におけるサービス産業の貢献:サービス主導型開発の可能性」

終了イベント

開催日時

2021年12月3日(金曜日)11時00分から12時30分

開催場所

Zoomによるオンライン開催
※参加登録をされた皆様に、追ってJICA緒方貞子平和開発研究所よりZoomリンクをお送りします。

イベント内容
(写真提供:世界銀行)

これまでは、製造業主導の開発が雇用創出と繁栄促進のための伝統的モデルとして機能してきました。しかし過去30年間に、多くの開発途上国でサービス部門が製造部門よりも速いペースで成長を遂げており、2019年、途上国のサービス部門は平均でGDPの55%、雇用の45%を占めるに至りました。

途上国において経済に占める製造業の割合が減少する中、低・中所得国はサービス部門で質の高い雇用機会を拡大しつつ、高所得国に追いつくことができるのでしょうか。

今回のセミナーでは、世界銀行が新たに発表した報告書「途上国におけるサービス産業の貢献:サービス主導型開発の可能性」(At Your Service?: The Promise of Services-Led Development)の主なポイントを同報告書の著者が日本のみなさまに向けてご紹介します。

プログラム

11:00~11:05 趣旨説明

11:05~11:45 報告
ガウラヴ・ナイヤー 世界銀行 金融・競争力・イノベーショングローバルプラクティス 上級エコノミスト    
メアリー・ホールワード=ドレマイア 世界銀行 金融・競争力・イノベーショングローバルプラクティス 上級経済アドバイザー
エルウィン・デイビス 世界銀行 金融・競争力・イノベーショングローバルプラクティス エコノミスト

11:45~12:00 コメント
原田 徹也 JICA緒方貞子平和開発研究所 上席研究員
木村 福成 慶應義塾大学経済学部教授、東アジア・アセアン経済研究センター チーフエコノミスト

12:00~12:30 質疑応答

共催

世界銀行、JICA緒方貞子平和研究所

言語

日本語/英語(同時通訳あり)

参加費

無料

定員

3000人

留意点

・本セミナーは記録し、後日世界銀行およびJICA緒方貞子平和開発研究所のウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。

問い合わせ

世界銀行東京事務所・大森

メール:komori@worldbankgroup.org 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ