JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.6 Diversity of Communities and Economic Development: An overview

本稿では、民族多様性が経済開発に与える影響について、既存文献をレビューしている。民族的に分極化した社会では、公共財の供給に関して合意が形成されない傾向にあり、加えてレント・シーキング活動が行われがちである。その結果、社会関係資本が低いレベルでしか供給されない。これとは逆の開発の成果を生み出すには、初期条件が重要な決定要因となる。更に本稿では、分権化、民主主義、市場が果たす潜在的是正策としての役割に関しても、議論している。これらの議論を踏まえ、結論では、今後の研究を喚起するために、多様性と不安定性の関係について、いくつかの予備的な仮説を提示する。

ページの先頭へ