JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.97 Industrial Transformation and Quality of Growth

本研究は「産業の高度化」と「質の高い成長」の関連を、産業高度化を達成した4つの注目される事例に関するケーススタディに基づき明らかにすることを目的としている。質の高い成長とは、包摂性、環境などの観点からの持続可能性、創造性、人間の安全保障、均衡などを伴う成長を指す。産業の高度化は新たな産業の創出、既存の産業の高付加価値化、バリューチェーンの拡大・深化などからなる、産業構造の転換により可能となる、成長の原動力であり、質の高い成長は、産業の高度化のプロセスと一体的に分析する必要があることが、事例研究から明らかにされる。したがって、望まれる質の高い成長の達成に向けた政策は、産業の高度化を目指す政策と深く関わっている。他方、両者の関係は複雑であり、マクロ経済のバランス、財政の均衡、目標間のシナジーやトレードオフ等に十分配慮した総合的アプローチが必要である。

ページの先頭へ