JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.118 On the Concept of Green Growth and the Role of Policy and Public Finance

本稿は、グリーン成長に関する現行の議論を特定するとともに、グリーン成長への転換促進のための公的資金の役割について論じる。「グリーン経済」や「グリーン成長」という用語は、近年の経済の環境パフォーマンス改善努力を表現する方法として国際政策議論において一般的になっている。本稿では、様々な国際機関等が示すグリーン成長に関する定義を比較し、その共通点を特定した。グリーン成長の論理的根拠は成長理論の枠組みで説明できるが、現実のグリーン成長行動の促進には投資が不可欠である。本稿では、ベトナムをケーススタディとして、グリーン投資を喚起し実施可能とするために重要な要素を特定している。他方、グリーン成長議論には更なる理論的背景の構築が必要であろう。特に、環境物品・サービスへの価格付けはグリーン成長の理論的及び実践的発展への重要な課題である。グリーン成長に関する更なる理論的及び実践的研究は、グリーン成長への投資を促進する政策形成に加え、成長理論の更なる発展に寄与するであろう。また、議論の進化のためには、さらなるケーススタディの収集・分析が必要である。

ページの先頭へ