海外移住資料館ロゴ(トップページに戻ります)

Japanese Overseas Migration Museum
Museu da Migração Japonesa ao Exterior
Museo de la Migración Japonesa al Exterior

JICA独立行政法人国際協力機構ロゴ

このページのコンテンツに移動

現在の場所は

2022年度

令和4年度 地域博物館連携事業「WEBで開催! ミュージアム・ミッション2022」
2022年7月21日(木)~2022年8月31日(水)

【画像】

横浜市内の関内・山手・みなとみらい地区のミュージアム巡りを、昨年に引き続きWEB上で開催しました。
今年の海外移住資料館からのミッションクイズは、南米に移住した日本人が持参した道具から出題しました。さらに今年は、ミュージアム・ミッションをWEBで知ってご来館された方や、よりミュージアム・ミッションを知っていただくためのささやかなギフトとして、1枚のMAPシートと各館園それぞれ絵柄の異なるシールをご用意し、すべてのシールを貼ると1枚の絵ができあがる企画もあわせて行いました。当館では移民船をモチーフにしたシールを配りました。
開催期間中にはシールを126枚、MAPシートを227枚それぞれ配布し、多くの方にご参加いただきました。

オンライン講演会「沖縄県在住の日系人から学ぶ 沖縄移民の過去と現在」
2022年8月20日(土)11:00~12:00

【画像】

第二回JICA海外移住論文の受賞者講演会を開催しました。
今回は、エッセイ・評論部門で優秀賞を受賞された飯塚陽美さんに、受賞作品「日本人の中南米移住に関する歴史継承と多文化共生-沖縄県における移民の歴史啓発事業を事例に-」のご紹介と、その後の沖縄でのフィールドワークで得られた研究の成果を沖縄県系人の方へのインタビュー映像も交えながらご発表いただきました。
オンラインアプリZoomを使用した本講演会には、当日76名の参加者が集まりました。多くのご質問をいただき、盛況のうちに終えることができました。

オンライン講演会「1940年、はじめて見る日本-ある日系二世と一人の非日系ブラジル人の来日記」
2022年7月30日(金)10:00~11:00

【画像】

第二回JICA海外移住論文の受賞者講演会を開催しました。懸賞論文部門で最優秀賞を受賞されたフェリッペ・モッタさんに、受賞論文のご紹介と、そこから派生した新たな研究テーマについてご発表いただきました。
今回の講演会では論文に登場する非日系の親日家・マリオ・ボテーリョ・デ・ミランダ氏(Mário Botelho de Miranda)と、山城ジョゼ氏(José Yamashiro、移民二世)の著作を比較することによって、戦争という歴史的事象を背景に両氏の相違点や共通点が浮き彫りになりました。
オンラインアプリZoomを使用した本講演会には、当日は55名の参加者が集まり、多くのご質問をいただき盛況のうちに終えることができました。

企画展示関連公開講座「条約書でたどる日本と南北アメリカ諸国との外交関係の成立・発展」
2022年7月10日(日)14:00~15:30

【画像】

2022年7月10日(日)に、外務省外交史料館との共催展示に関連した公開講座として、外交史料館『日本外交文書』編纂室長の冨塚一彦氏にご講演頂きました。
約1年半ぶりに対面での開催となった今回の講座では、国交の基礎となった条約とはどのようなものなのか、画像を交えて丁寧に解説してくださいました。
コロナ禍ということもあり、定員20名と少人数で開催致しましたが、参加者からは「条約書にまつわるエピソードなどがふんだんに盛り込まれており興味深かった」「資料が見やすく提示されただけでなく、その背景などの深い知識がとてもテンポ良く交えられて、ためになった」など、大変ご好評いただきました。

横浜開港祭記念クイズ、海外移住の日・国際日系デー記念クイズ
2022年6月2日(木)、6月7日(火)~6月26日(日)

【画像】

横浜開港祭(6月2日)、海外移住の日(6月18日)、国際日系デー(6月20日)にちなんで、6月2日(木)及び6月7日(火)~26日(日)の期間中、各記念日に関連したクイズを出題し、クイズの正解者に当館オリジナルクリアファイルをプレゼントしました。クイズにはお子様連れから大人までご参加いただき、横浜開港祭記念クイズには7名様、海外移住の日・国際日系デー記念クイズには122名様と多くの方に楽しんでいただきました。クイズを通して記念日の存在を知っていただく良い機会になりました。

オンライン講演会「生中継!海外移住資料館散歩」
2022年6月24日(金)19:00~20:00

【画像】

本講演会では、今年4月にリニューアルした当館の常設展示場のバーチャルツアーを生中継でお伝えしました。
ナビゲーターの中根館長はじめリニューアルを担当した資料館スタッフの面々が、担当した各展示の制作過程でのこぼれ話や悲喜こもごものエピソードを交え、そこに込めた思いと魅力を紹介しました。
オンラインアプリZoomを使用した本講演会には、申込者数は159名、当日は122名の参加者が集まり、散歩をしているかのような臨場感で新たな海外移住資料館をお楽しみいただき、「資料館に行ってみたくなった」「展示担当者の生の声を聞けてよかった」などの感想が寄せられました。

オンライン講演会「メキシコの日系人と取り組む日本人移民史の調査・保存・伝承の実践」
2022年5月28日(土)11:00~12:00

【画像】

メキシコ北部のモンテレイ市にある日系人団体と、文化人類学者である平井さんが2015年から共同で行ってきたコミュニティー参加型プロジェクトの活動や、ドキュメンタリー作品「Raíces メキシコ東北部の日本人の子孫」の制作に参加することとなったきっかけ、二世から五世まで幅広い年齢層の日系人が行ってきたルーツ探しの成果について発表していただきました。
オンラインアプリZoomを使用した本講演会に当日は79名の参加者が集まり、ルーツ探しにまつわる多くの質問も寄せられ、盛況のうちに終了いたしました。

オンライン講演会「カチマケ抗争2.0:文化還元主義を超えて」
2022年4月22日(金)20:00~21:00

第二回JICA海外移住論文の受賞者講演会を開催しました。
今回は、懸賞論文部門で優秀賞を受賞された柴田寛之さんに、受賞論文「ディアスポラ・ナショナリズムとしてのカチマケ抗争再考:バストスとレジストロの比較を通じて」をご紹介いただきました。
オンラインアプリZoomを使用した本講演会には、当日は60名の参加者が集まり、文化還元主義を超えたカチマケ抗争への新たな視点を知っていただける機会になりました。