草の根技術協力事業って何?

草の根技術協力事業とは?

草の根技術協力事業は、国際協力の意志のある日本のNGO/CSO、地方自治体、大学、民間企業等の団体が、これまでの活動を通じて蓄積した知見や経験に基づいて提案する国際協力活動を、JICAが提案団体に業務委託してJICAと団体の協力関係のもとに実施する共同事業です。

JICAが政府開発援助(ODA)の一環として行うものであり、開発途上国の地域住民の経済・社会の開発または復興に寄与することを目的としています。多様化する開発途上国のニーズに対応すべく、草の根レベルのきめ細やかな協力を行うものです。特に近年では、開発途上国への貢献に加えて、草の根技術協力事業の実施を通じて培った経験を踏まえ、日本の地域社会が直面する課題解決や、地域の活性化にも役立つ取り組みが期待されています。

以上を踏まえ、草の根技術協力事業は、次の2つの柱の下、実施しています。

  1. 市民の力による開発への貢献が質・量ともに拡大する。
  2. 途上国や日本の地域の課題解決への理解・参加が促進される。

草の根技術協力事業における3つの重要な視点

  1. 日本の団体が主体的に行う、人を介した「技術協力」であること(現地関係機関との協働が前提)。
  2. 開発途上国の地域住民の生活改善・生計向上に役立つ事業であること。
  3. 日本の市民の国際協力への理解・参加を促す機会となること。

草の根技術協力事業の実施方法

事業の実施にあたっては、JICAとNGO等(事業実施団体)との間で業務委託契約書を締結し、JICAがNGO等に事業を委託する形で実施します。
JICAが委託した業務の完了を確認したうえで、業務の報酬として契約金額をお支払いする制度であり、助成金や補助金とは性格が大きく異なる事業であることにご留意ください。
また、委託業務の進捗をJICAと提案団体の双方で確認させていただくため、契約に基づき所定の活動報告および事業評価並びに会計報告をお願いすることとなりますので、ご理解をお願いします。

草の根技術協力事業の事業形態

草の根技術協力事業においては、以下の3つの事業形態を用意しています。各事業形態の詳細は、リンク先を参照してください。

1. 草の根パートナー型

開発途上国・地域への支援活動実績を、2年以上有しているNGO等の団体(法人格を有する団体に限る。)を対象としています。事業規模の上限は1億円/5年間です。

2. 草の根協力支援型

開発途上国・地域への支援活動実績が少ないNGO等の団体を対象としています。事業規模の上限は1000万円/3年間です。

3. 地域提案型

地方自治体または地方自治体が推薦する団体を対象としています。事業規模の上限は、3000万円/3年間です。

※但し、2012年度、2013年度、2014年度に、地域経済活性化特別枠及び地域活性化特別枠の補正予算が認められ、事業規模6,000万円/3年間で実施中です。

国別事業一覧

草の根技術協力事業の対象国

本事業実施の対象国は、全世界で90ヵ国です(2018年8月現在)。ただし、対象国の事業であっても、応募時点で外務省の渡航情報(危険情報)により「退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)」「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」とされる地域を対象とした事業については、応募の受付け対象外とします。また、外務省の渡航情報により、「不要不急の渡航は止めてください。」とされる地域でのご提案で、募集締切日の1ヵ月前までに、JICA国内機関に必要な対応について協議していない場合には、審査の対象外となりますので、ご留意ください。
応募受付対象外となる国については、募集要項にて特定いたします。

アジア地域:23ヵ国
アフガニスタン、インド、インドネシア、ウズベキスタン、カンボジア、キルギス、ジョージア、スリランカ、タイ、タジキスタン、中華人民共和国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス
中南米地域:21ヵ国
アルゼンチン、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、ジャマイカ、セントルシア、チリ、ドミニカ共和国、ニカラグア、ハイチ、パナマ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ベリーズ、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ
大洋州地域:9ヵ国
サモア、ソロモン、トンガ、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア
中東地域:9ヵ国
イエメン、イラク、イラン、エジプト、シリア、チュニジア、パレスチナ、モロッコ、ヨルダン
アフリカ地域:26ヵ国
ウガンダ、エチオピア、ガーナ、ガボン、カメルーン、ケニア、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ザンビア、ジブチ、ジンバブエ、スーダン、セネガル、タンザニア、ナイジェリア、ナミビア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、南アフリカ共和国、南スーダン、モザンビーク、ルワンダ
欧州地域:2ヵ国
セルビア、トルコ(ジョージアはアジア地域に記載変更しました。)