NGOとの定期会合

NGO-JICA協議会

JICAは、NGOとの対話と連携を促進するため、NGO-JICA協議会を設置しています。対等なパートナーシップに基づき、より効果的な国際協力の実現と、国際協力への市民の理解と参加を促進するため、意見交換を行っています。協議会は年4回開催され(うち1回は地域開催)、専門的・集中的な議論が必要な場合は分科会を設置しています。

NGO-JICA協議会は、2008年度に新JICAの設立とともに設けられましたが、旧JICAとNGOとの定期会合は1998年度、旧JBICとNGOとの定期会合は2001年度より開始しています。

NGOなど国内の様々な関係者と、幅広いネットワークを構築し、オール・ジャパンの英知と経験を結集して国際協力に取り組むことは、JICAが組織目標として掲げているものです。今後もJICAはNGOの方々のご協力と参加ならびにご提言をいただきつつ、国際協力を実践していくことが重要と考えています。

平成28年度

第3回

協議の部では、今年度の年間テーマ「地方創生/地域活性化」と「SDGsの取り組み」が取り上げられ、前者については、草の根技術協力事業(地域活性化枠)の学びや、JICAボランティアの活用/青年海外協力協会(JOCA)の地域活性化の取り組み、後者については、JICAのSDGsに向けた取り組み方針と国際協力NGOセンター(JANIC)の取り組みが発表され、意見交換が行われました。
報告の部では、安全管理、ODA本体業務におけるNGO-JICAの連携強化促進タスクフォース、開発教育推進のためのタスクフォース、SATREPSにおけるNGO-JICAの連携、NGO等活動支援事業及び世界の人びとのためのJICA基金、活動の質向上に向けたNGOの取組みについて、NGO・JICA双方から報告されました。

第2回

今回協議会は石川県金沢市で開催されました。協議の部では、今年度の年間テーマ「国際協力活動を通じた地方創生/地域活性化」について、石川県所在の社会福祉法人佛子園の草の根技術協力事業の事例をはじめ、北海道における取り組みやJICAボランティアの日本社会への貢献について発表され、意見交換が行われました。
報告の部では、SDGsの取り組み、ODA本体業務におけるNGO-JICAの連携強化促進タスクフォース、開発教育推進のためのタスクフォース、NGO等活動支援事業及び世界の人びとのためのJICA基金、活動の質向上に向けたNGOの取組み、NGOの安全管理について、NGO・JICA双方から報告されました。

第1回

協議の部では、今年度の年間テーマについてが話し合われ、SDGsを傘とし、NGO-JICA双方のSDGsに対する取り組みについて情報共有しながら、「ODA本体業務におけるNGO-JICAの連携強化・促進」、「開発教育推進のための協働」「地方創生/地域活性化」について通年で取り組むことが合意されました。
報告の部では、草の根技術協力の上限単価と事後評価、NGO等支援事業、世界の人びとのためのJICA基金、活動の質向上に向けたNGOの取り組みについてが報告されました。

平成27年度

第4回

協議の部では、今年度の重点課題の振り返りとして、一号業務への参画促進について、又、NGO支援事業を通じたJICA活用法について意見交換が行われました。
報告の部では、環境社会配慮ガイドラインにおけるNGO-JICA連携、SDGsの取り組みについて、SATREPSにおけるNGO-JICA連携、開発教育におけるNGO-JICA連携、世界の人びとのためのJICA基金について、活動の質向上に向けたNGOの取り組みについて、NGO-JICA合同の大学生向けキャリアセミナー、草の根技術協力事業(10年の振り返り分科会報告、有識者について)についてが報告されました。

第3回

協議の部では、今年度の重点課題であるNGO支援事業を通じたJICA活用法についてNGO支援事業のあり方及び具体的なプログラムの中身等につき意見交換を行なわれました。
報告の部では、一号業務への参画促進タスク、草の根技術協力の制度、JICA寄付金事業、活動の質向上に関するNGOの取り組みについてが報告されました。

第2回

今回協議会は福岡県、博多市で開催されました。協議の部では、今年度の重点課題「NGO支援事業を通じたJICA活用法」が取り上げられ、NGO福岡ネットワークからの事例発表等を元に意見交換が行われました。
報告の部では、草の根技術協力の制度について、民間連携の進展にかかるフォローアップ、JICA基金、今年度重点課題である一号業務への参画促進タスクの進捗、活動の質向上に向けたNGOの取り組みについてが報告されました。

第1回

協議の部では、今年度の重点課題についてが話し合われ、「一号業務への参画促進」、「NGO支援事業を通じたJICA活用法」が通年で協議する事項として合意されました。
報告の部では、昨年度協議会の重点課題フォローアップが2点、ネパール地震への対応、活動の質向上に向けたNGOの取り組み、草の根技協の制度見直し、JICA基金、関連公益法人等に係る情報提供依頼、不正腐敗行為防止に係る協力依頼、国際ボランティア会議についてが報告されました。

NGO-JICA連携事業検討会

草の根技術協力事業等のNGOとの連携事業全般について意見交換を行っています。

「草の根技術協力事業 77の論点」

NGO-JICA連携事業検討会で、何が話し合われているのか、具体的にまとめました。

開発教育小委員会

NGOとJICAが対等なパートナーシップに基づき、双方の連携による効果的な開発教育を推進するための話し合いを行っています。