国際協力人材赴任前研修(専門家等)

1.国際協力人材赴任前研修(専門家等)とは

開発途上国等に長期専門家等として派遣予定の方を対象として、国際協力活動、赴任国概要及び赴任前準備等について必要な知識・情報を提供することを目的とした短期研修です。

研修は以下の3つの研修から構成されています。

  • 共通研修(7日間/オリエンテーションと国際協力概論中心。)
  • 国際協力実務語学研修(3日間)
  • 特別補完研修(3日間/専門家の業務内容に応じた研修。)

本研修のカリキュラムは、「国際協力人材に求められる6つの資質・能力」に基づき作成されています。

2017年度の受講案内を掲載しますので、ご覧下さい。

2.「コンサルタント専門家向け聴講制度」の実施について(ご案内)

「国際協力人材赴任前研修(専門家等)」のうち一部の講義について、JICAと契約関係を有するコンサルタント専門家(業務実施簡易型、民活技プロ等として、調達部の公示により選定したコンサルタントとの契約により派遣される専門家。以下同じ。)向けに、有料で聴講できる制度を導入いたしました。
詳細については、「コンサルタント専門家向け聴講制度のご案内」をご覧下さい。