JICAの国別安全対策ルール

JICAは事業を実施している国毎に安全対策のルールとして安全対策措置を定めています。事業関係者の皆さまにおかれては渡航前にご一読いただき、安全対策にご利用ください。

1.JICA安全対策措置とは

JICA安全対策措置は、外務省の海外安全情報等を参考に、JICAと契約関係のある国際協力事業関係者に対して、当該国への入国又は滞在にあたりJICA事業を遂行する上で必要な安全対策のルールをJICA独自に定めているものです。また、JICAと直接契約関係のない国際協力事業関係者に対しては、安全対策の一助として利用いただくために提供するものです。当該国・地域別の治安やテロ、感染症等の情報や安全対策情報を提供する外務省の海外安全ホームページの情報(リンク)と併せてご活用ください。

2.ご利用いただける方

国際協力事業関係者:

  • JICAと契約関係にある専門家、ボランティア、コンサルタント等の日本企業・団体、大学、非政府組織(NGO)、地方自治体、市民社会組織 等
  • 日本政府の資金協力を受けた現地政府の事業を受注する日本企業(受注企業のサブコントラクターや、受注を目指す企業等を含む)、JICA以外の政府開発援助(ODA)事業を含む国際協力活動に従事する日本企業・団体、大学、非政府組織(NGO)、市民社会組織 等
  • 国際協力事業を実施する政府関係機関、地方公共団体

3.入手方法:登録済の方

以下よりログインページへアクセスし、ログインID及びパスワードを入力してください。

4.入手方法:新規ご利用の方

(1)利用者情報の登録申請

JICA安全管理部(登録申請先):jicast@jica.go.jp
以下の事項を上記メールアドレス宛てに「件名:JICA安全対策措置の入手に係る登録申請」としてメール送信ください。
  1. 所属法人・団体名/所属部署(該当しない場合は「所属無し」と記入ください)
  2. 氏名/役職
  3. 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  4. JICA安全対策措置の入手希望国
  5. JICA安全対策措置の入手希望理由
    (JICA事業関連で渡航される方は、渡航国、渡航時期、事業名を記載願います)
  6. ID及びパスワード管理に係る同意
    記入例:ID/パスワード及びJICA安全対策措置は関係者限りでの利用に留めることに同意した上で申込みます。

※登録いただく個人情報は、JICAが厳重に管理し、安全対策措置の入手のためのログインパスワード管理以外の目的では利用しません。

(2) ID/パスワードの通知

JICA安全管理部は(1)の登録申請の内容を確認の上、ログインパスワードをメールで通知します。

(3) ログインと対象国JICA安全対策措置のダウンロード

(2)で通知されたID及びパスワードを入力します。ログイン後、安全対策措置をダウンロードください。

5.ご留意いただきたいこと

  1. JICA安全対策措置は、提供日時点で有効なものです。各国・地域の治安状況の変化等により随時改定されますので、渡航にあたっては常に最新の安全対策措置を入手するようお願いします。
  2. JICAと契約関係のある国際協力事業関係者におかれては、安全対策措置の遵守をお願いするとともに、同一の目的で渡航する協力企業等の関係者に対しても、本安全対策措置について責任をもって周知頂くようお願いします。
  3. 安全管理の観点から、ログインID及びパスワード及び安全対策措置は関係者限りにしていただき、情報管理の徹底をお願いします。
  4. ログインパスワードは定期的に変更し、その都度登録メールアドレスに通知しますので、パスワードの管理をお願いします。