世界の母子手帳

【画像】

母子手帳を手に微笑む母親

JICAは、多くの開発途上国において、専門家派遣、各種研修の実施、海外協力隊派遣等を通じて、母子手帳の導入・展開の支援を行っています。

  • 約50ヵ国・地域で使用実績、34ヵ国でJICA支援実績
  • 世界年間出生数1.4億人(注1)の14%年間約2,000万冊(注2)が母親の手に

(注1)世界年間出生数1億4千万人(出典:ユニセフ世界子ども白書2019)
(注2)2019年JICA推計

世界における母子手帳

【画像】

母子手帳使用実績国

五十音順表示

JICA支援実績あり アジア アフガニスタン、インドネシア、カンボジア、タイ、タジキスタン、
ネパール、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、
ベトナム、ミャンマー、モンゴル、ラオス
大洋州 ミクロネシア
北米・中南米 エルサルバドル、ドミニカ共和国、ペルー、ホンジュラス、メキシコ
アフリカ アンゴラ、ウガンダ、ガーナ、ガボン、カメルーン、ケニア、
シエラレオネ、セネガル、ブルンジ、ベナン、マダガスカル、
ザンビア、モザンビーク
中東 パレスチナ
欧州 なし
上記以外 アジア インド、韓国、中国、日本
大洋州 なし
北米・中南米 ブラジル、米国(ユタ州等複数)
アフリカ コートジボワール、ジブチ、ニジェール、ブルキナファソ、ルワンダ
中東 チュニジア
欧州 オーストリア、ロシア 

2019年8月現在JICA把握情報に基づき、これまでに母子手帳使用が報告されている国。全国規模・一部のみ・一時期間のみ含む。