海外投融資

政府および国際協力機構(JICA)は、民間セクターを通じた開発途上地域の開発促進のため、開発途上地域において民間企業等が実施する開発事業を出資、融資により支援するための手段として、JICAの海外投融資機能の再開に係る議論を進めてきましたが、新成長戦略(2010年6月18日閣議決定)を受けた新成長戦略実現2011(2011年1月25日閣議決定)において、2010年度内にパイロットアプローチ(=具体的案件の実施を通じて【1】新実施体制の検証・改善と【2】案件選択ルールの詰めを実施)の下で再開することが決定されました。

こうした経緯のもと、2011年3月30日にJICAの中期目標の改訂など再開に必要な手続きを行った上で、2012年9月末までパイロットアプローチの下で実施した、具体的案件の審査、承諾に向けた手続きを通じ、今般、海外投融資の実施体制の検証・改善及び案件選定ルールの詰めを完了したところ、2012年10月16日のパッケージ型インフラ海外展開関係大臣会合において海外投融資の本格再開が決定されました。

海外投融資に関する質問、相談等ございましたら
民間連携部海外投融資課:03-5226-8980(課代表)までご連絡下さい。