コンサルタント契約書

コンサルタント契約書提出時に必要な書類は以下のとおりです。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、契約認証に係る書類の授受は現在次の方法で行っており、通常と異なりますのでご留意ください。
本対応を変更する際は、別途ご連絡いたします。

  1. 契約認証(同意)の申請時
    契約認証窓口への持参ではなく、メール添付にて必要書類をお送りください。
    宛先:gltco@jica.go.jp(CCに実施監理担当者アドレスを加えてください)
    メールに添付する書類:
    • 契約書(署名後の場合は原本証明つき)のPDF(署名前の事前校閲を依頼される際はWordファイルで可)
    • 確認同意用提出様式一式
  2. 認証(同意)書発行の申請時
    次のいずれかの方法で契約書原本の授受を行い、認証書を発行します。
    (1)当機構本部へご来訪いただき、直接手交
    (2)簡易書留等の郵送による授受

    (注)認証決裁が終わった案件について、計画・調整課からご連絡を差し上げますので、その際上記(1)(2)のどちらとするかご希望をお知らせください。
    (注)上記(1)とする場合は、事前に日時を調整させていただきます。また、マスク着用にもご協力をお願いいたします。
    (注)上記(2)の場合、発送時の日時指定は不要ですが、計画・調整課担当が書類を受け取り、認証書等をご返送するまで数日かかりますのでご了承ください。

I 認証を受けようとする時点での提出書類

2015年11月以降の閣議決定案件(Procurement Guidelines for the Japanese Grants(Type I)(Jan. 2016)適用案件)

  • (1)コンサルタント契約書コピー1部(*原本証明があること)(仏・西語の契約の場合英訳1部添付)
    認証(同意)書手交までに契約書の修正指示がある場合は、修正後のコピー1部(原本証明があること)
  • (2)確認同意用提出様式(forms for review and concurrence by JICA)1部

*従来の契約概要表及び支出予定表については、Checklist for the Contractとして、確認及び同意時の提出資料の一部としました。施工工程表/工事出来高予定表は、同意時の参考資料のため、仏・西語の場合は、英訳又は和訳を添付ください。

2015年9月以前の閣議決定案件

  • (1)コンサルタント契約書コピー1部(*原本証明があること)(英文以外による契約の場合和訳1部添付)
    認証書手交までに契約書の修正指示がある場合は、修正後のコピー1部(原本証明があること)
  • (2) 契約概要表1部
  • (3) 支出予定表1部
  • (4) 施工工程表/工事出来高予定表1部(施設案件のみ)
  • (5) 無償資金協力調達ガイドラインの遵守に係る宣誓書(写)

*原本を証明する契約書のコピーとは、契約書のコピーにゴム印や手書きで「原本と相違ない」ことを自社が印鑑または署名で証明されたものをいいます。
なお、公証人役場での私署証書の謄本認証を受ける必要はありません。

II 認証書手交時に提出する書類

  • コンサルタント契約書(オリジナル)2部

III 契約書(写)の受付時間

  • 午前9時30分〜12時30分
  • 午後13時30分〜17時

(土・日及び祝祭日を除く)
受付窓口は、計画・調整課となります。

IV 様式

2015年11月以降の閣議決定案件(Procurement Guidelines for the Japanese Grants(Type I)(Jan. 2016)適用案件)

2016年5月2日 軽微な修正を行ったため差し替え
2016年5月23日 SCA(Appendix- 3)に軽微な修正を行ったため差し替え
2016年8月3日 SCA(Appendix- 3)の支払書類の改訂を行ったため差し替え

2015年9月以前の閣議決定案件

以下「契約概要表」〜「無償資金協力調達ガイドラインの遵守に係る宣誓書フォーム(コンサルタント)」は、2015年9月閣議決定以前のフォームです。