国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト

募集案内

(注)今年度の募集は終了いたしました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

2022年度募集テーマ

「世界とつながる私たち-未来のための小さな一歩-」

世界とのつながりは身近なところにもたくさんあります。自分と世界との接点から、未来に向けて私たち一人ひとりは一体何ができるか考え、行動したことについての作品を期待しています。

必ずしも海外経験は必要ありません。皆さんの身近なところから、世界とのつながりを感じることを見つけてみてください。例えば、地域に住む外国人や留学生、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がり、テレビのニュースで見た世界の災害や紛争等、世界とつながっていると感じた出来事・瞬間があったと思います。皆さんの普段何気なく口にしている食べ物や着ている服からも、世界が見えてきます。そして、私たちの未来をよりよくする小さな一歩につなげてみましょう。

参考資料

エッセイ準備用ワークシートを用意しました。是非ご活用ください!(ダウンロード・学校等でのコピー配布可)

募集期間

2022年6月7日(火)~2022年9月11日(日)

応募締め切り

2022年9月11日(日)当日消印有効

問い合わせ先

公益社団法人 青年海外協力協会内
JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト全国運営事務局
電話番号:0265-98-0445(直通)
メール:
jica.essay-oubo@joca.or.jp
(注)問い合わせ時間:平日9時~17時

入賞発表

2022年12月下旬頃に、JICA地球ひろばHPにて発表します。
なお、最優秀賞/優秀賞/審査員特別賞/国際協力特別賞受賞者には2023年1月上旬に文書にて通知します。

賞 -中学生・高校生各20名-

個人賞

【画像】

  • 最優秀賞 3名
    • 独立行政法人国際協力機構理事長賞1名
    • 外務大臣賞1名
    • 文部科学大臣賞1名
  • 優秀賞 3名
  • 審査員特別賞 4名
  • 国際協力特別賞 10名
  • 国内機関長賞
  • 佳作 他

賞状の他、副賞として、最優秀賞・優秀賞へ約1週間の海外研修、その他個人賞受賞者にはフェアトレード商品等が贈られます。また、応募された全員へ参加賞を差し上げます。

学校賞

学校賞
60作品以上の応募、または全校生徒の3割以上の応募のあった学校。
特別学校賞
学校賞を長年に渡り連続して受賞し、多数の応募をしてきた学校。

学校賞・特別学校賞へは賞状の他副賞が贈られます。

副賞 海外研修(最優秀賞・優秀賞)

【海外研修】最優秀賞・優秀賞

  • 海外研修は2023年7月下旬頃実施予定です。研修地のJICAプロジェクト訪問や現地の人たちと交流を行います。
  • 現地の治安状況や新型コロナウイルス感染症の影響等によっては、海外研修の延期もしくは中止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 海外研修はこれまで日本航空株式会社及び全日本空輸株式会社にご協力いただいております。
  • 当方が指定する日程で、入賞者の方のご都合で参加いただけない場合は、第三者への譲渡、貸与、次年度への振替等はできません。

【画像】

【画像】

過去の海外研修参加者のフォトエッセイはこちらからご覧になれます。

審査員長

中学生の部

尾木直樹氏(教育評論家/法政大学名誉教授)

高校生の部

星野知子氏(女優/エッセイスト)

【画像】

尾木直樹氏

【画像】

星野知子氏

著作権について

著作権は、募集者であるJICAに帰属します。
入賞者の学校名、氏名、作品名は、作品集、ホームページ等に掲載いたします。
なお、応募作品は返却いたしませんので必要な方は各自コピーをお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

応募いただいた個人情報は、当機構にて厳重に管理し、正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。ただし、当機構との間で機密保持契約を締結した第三者に対し、このエッセイコンテストに関する業務を委託する場合を除きます。その使途としては、当コンテストの受賞通知、賞品発送及びJICAが行う開発教育支援事業の案内のみといたします。

2022年度 後援・協賛・協力団体

後援

外務省、文部科学省、世界銀行東京事務所、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国国際教育研究協議会、日本私立中学高等学校連合会、読売新聞社、産経新聞社、特定非営利活動法人開発教育協会、NHK、各都道府県教育委員会及び政令指定都市教育委員会、各都道府県青年海外協力隊OB会

協賛

日本航空株式会社、全日本空輸株式会社、株式会社スクールパートナーズ
(注)後援、協賛各団体・企業は一部予定を含みます。

協力

株式会社日刊県民福井、上毛新聞社

プログラム紹介