JICA緒方研究所

JICA緒方研究所について

研究所長あいさつ

このたび、JICA研究所はJICA緒方貞子平和開発研究所(略称:JICA緒方研究所)と名称を変更しました。今後とも温かいご支援とご協力を賜れれば幸いです。

緒方貞子氏は、開発途上国が現場で直面する課題について政策志向の研究を行い、国際社会における日本の知的プレゼンスの強化をめざして、JICA理事長として2008年10月の研究所設立を主導しました。私はこの思いをしっかりと胸に刻み、JICAの使命である「人間の安全保障」と「質の高い成長」の実現に向けて、日本が培った開発・開発協力の経験を糧にし、さらに今日的な課題や脅威も視野にいれて、研究・発信活動のさらなる充実に努めてまいります。着任以来、重視してきた3つの視点を次のように発展させたいと考えています。

第一に、現場重視の視点をもって、JICAの戦略性や事業効果の向上、また相手国の政策や国際開発政策に貢献する研究を一層推進します。紛争後の復興から持続的な開発まで包括的に取り組み、その際、JICAが途上国協力を通じて蓄積してきた知見や情報データ、人的ネットワークを財産として活用していきます。

第二に、開かれた研究所として、多様なステークホルダーとのネットワーキングを通じ知識共創する機能(Knowledge Co-creation)を強化します。昨年立ち上げたナレッジフォーラムはその一環です。また開発途上国・新興国の研究機関や国際機関はもちろん、未来を担う若い研究者との連携を含め、国内各地での知的コラボレーションを拡充していきます。

第三に、日本の開発・国際協力研究のハブとして、内外の研究者が交流する知的拠点になります。新興国が台頭し開発協力のアーキテクチャーが変容しつつある今、援助を受ける側と援助する側の「二重」経験をもった最初の非西欧国家である日本が自らの経験を体系化して発信し、国際規範づくりに関与していくことは重要です。JICA開発大学院連携事業とのシナジー効果も重視して取り組んでいきます。

2019年は、G20大阪サミットへの政策提言を行ったThink 20、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)、国連の持続可能な開発目標(SDGs)サミットなどの場を活用して、研究成果の発信に精力的に取り組んだ1年でした。SDGsが目標とする2030年まで10年を残すばかりとなった今、SDGsの根底にあり人間の安全保障の理念を反映した「誰一人取り残さない」世界の実現に向けて、JICA緒方研究所は果敢に進んでまいります。


2020年4月1日
JICA緒方貞子平和開発研究所
研究所長 大野 泉

ページの先頭へ