JICA研究所

ニュース&コラム

プロジェクト・ヒストリー『僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡』出版記念セミナー

終了イベント

開催日時

2019年2月28日(木曜日)18時00分から20時00分

開催場所

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル2階 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容
僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡

JICA研究所では、これまでに行ってきたJICAの事業を振り返り、その軌跡と成果を分析してまとめた書籍「プロジェクト・ヒストリー」シリーズを刊行しています。本シリーズの第21弾として、『僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡』を刊行しました。

サモア、フィジー、トンガなど、太平洋に浮かぶ南国の楽園といったイメージが強い島しょ国。しかし、国土の面積が狭い、人口が少ない、経済規模が小さいといった島しょ国だからこそ、見過ごせない課題に直面しています。その一つが、廃棄物管理。ゴミとなる物資は海外からどんどん輸入しているにもかかわらず、処理施設がなく、その管理を担える人材も少ないため、埋め立て地にゴミをただ投棄するだけとなり、悪臭や汚水の垂れ流しによる周辺環境の汚染などが、この地域共通の課題となっていました。

そこでJICAは、2000年のサモアでの支援を皮切りに支援を始め、日本の廃棄物管理の知見を生かして2011~16年には11カ国を対象に「大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト(通称J-PRISM)」を、2017年からは9カ国を対象に同プロジェクトのフェーズ2を実施中。本書では、廃棄物管理支援がどのように始まり、数々の荒波にのまれながらも、どのように二国間協力から大洋州広域への協力に発展していったのか、15年あまりの“航海”を振り返ります。

本書の著者である天野史郎氏は、JICA専門家としてこの協力に一貫して携わってきました。「技術は人から人へ伝えるものであり、人が主役」という信念を持ち続け、各国が抱える事情にも丁寧に向き合い、カウンターパートである現地の人材を育てることにこだわっています。あくまでJICA専門家はコーチであり、実際に試合に出るのは現地の選手たち。今やこの協力に欠かせない人材となったサモアのファフェタイ・サガポルテレ氏をはじめ、多くの日本人専門家と共に奮闘した島しょ国の人々の成長を追った物語です。

本セミナーでは、本書の著者である天野史郎氏(インスピラーレ開発研究所)のほか、国内における研修にてプロジェクトに貢献した桜井國俊氏(沖縄大学名誉教授)、西川順一氏(志布志市役所)、現場で天野氏とともに活動した坂井友里江氏(元J-PRISM専門家、国際航業株式会社)、杉山茂氏(JICA)をお招きし、それぞれのお立場から大洋州における多様性と廃棄物問題についてお話を伺います。

プログラム

1.開会挨拶
2.本書の紹介(著者:天野史郎氏)
3.パネルトーク
  ファシリテイター:天野史郎氏
  パネラー:
  1)桜井國俊氏(沖縄大学名誉教授)
  2)西川順一氏(志布志市役所)
  3)坂井友里江氏(元J-PRISM専門家、国際航業株式会社)
  4)杉山茂氏(JICA)
4.フロアを交えたオープンディスカッション

お知らせ

当日は、本書の出版元である佐伯印刷(株)が出張販売を予定しております。本書だけではなく、過去に同社から出版された「プロジェクト・ヒストリー」シリーズを定価の2割引で販売いたします。

主催

JICA研究所

言語

日本語

参加費

無料

定員

100名

留意点

本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

問い合わせ

独立行政法人国際協力機構 JICA研究所(担当:桑江・石原)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ