JICA緒方研究所

ニュース&コラム

セミナー「世界開発報告(WDR)2021:生活向上のためのデータ活用」

終了イベント

開催日時

2021年7月27日(火曜日)8時00分から9時30分

開催場所

Zoomによるオンライン開催
※参加登録をされた皆様に、追ってJICA緒方貞子平和開発研究所よりZoomリンクをお送りします。

セミナー概要
写真提供:世界銀行

世界銀行グループでは1978年から毎年1回、経済、社会、環境などタイムリーなテーマを取り上げ、課題分析と政策提言をまとめる「世界開発報告」(WDR: World Development Report)を出版しています。2021年3月24日、世界銀行グループは「生活向上のためのデータ活用」(Data for Better Lives)をテーマにWDR2021年版を発表しました。

同報告書では、貧困層の生活を一変できるデータ革命がその潜在性を最大限に実現できるよう、各国のデータ・システム強化を呼びかけています。世帯調査により収集された情報から、衛星写真がとらえた詳細な写真に至るまで、データは政策の策定に情報を提供し経済活動を刺激するという意味で、貧困との闘いにおける強力な武器といえます。同報告書では、現在はかつてないほど多くのデータが手に入るようになっているものの、その価値はまだ十分に活用されていないと指摘しています。データは時に諸刃の剣でもあるため、不正使用や危害から人々を守り、公平なアクセスと正確な内容の確保を図ることで信頼を構築する社会契約が必要であるとも述べています。

今回のオンラインセミナーでは、同報告書執筆担当共同局長であるヴィヴィアン・フォスター インフラストラクチャー担当チーフエコノミスト、ディーン・ジョリフ 開発データグループ リードエコノミスト、同報告書マネージャーであるマラーヴィジ・ヴェーラパン 開発データグループ上級データサイエンティストが同報告書の主なポイントを日本の皆様に向けてご説明します。使用言語は英語・日本語(同時通訳付き)です。

世界開発報告(WDR: World Development Report)2021年版(世界銀行ウェブサイト)

プログラム

8:00~ 開会のあいさつ、趣旨説明
宮崎成人 世界銀行 駐日代表

8:05~ 報告
ヴィヴィアン・フォスター 世界銀行 WDR2021執筆担当共同局長 兼 インフラストラクチャー担当チーフエコノミスト
ディーン・ジョリフ 世界銀行 WDR2021執筆担当局長 兼 開発データグループ リードエコノミスト
マラーヴィジ・ヴェーラパン 世界銀行 WDR2021マネージャー 兼 開発データグループ上級データサイエンティスト

8:45~ コメント
牧野耕司 JICA緒方貞子平和開発研究所 副所長
伊藤成朗 ジェトロ・アジア経済研究所 開発研究センター ミクロ経済分析研究グループ長

9:00~ 質疑応答

共催

世界銀行、JICA緒方貞子平和研究所

言語

日本語/英語(同時通訳あり)

参加費

無料

定員

3000人

留意点

本イベントにて撮影された写真は、JICA緒方貞子平和開発研究所のウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。

問い合わせ

世界銀行東京事務所 大森

メール:komori@worldbankgroup.org 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ