JICA緒方研究所

ニュース&コラム

ロンドン大学ニサンケ教授とともにアフリカのインクルーシブな開発について議論

2011年9月29日

JICA研究所は9月21日にロンドン大学東洋アフリカ学院(The School of Oriental and African Studies)のマチコ・ニサンケ教授を迎え、「アフリカにおけるインクルーシブな開発に向けて」と題する公開セミナーを開催しました。ニサンケ教授は国際経済学、金融経済学を専門としており、中でもアフリカと東アジア地域に深く精通しています。同氏はこれまで、UNDP(国連開発計画)や世界銀行、JICAなど、様々な国際機関の顧問として活躍してきました。

 

JICAは長年アフリカの開発に携わってきており、「みんなの学校」プロジェクトなど、同地で数々の援助プログラムを実施してきた実績があります。今回のセミナーは、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)を2013年に控え、世界で最も開発の遅れている地域の一つであるアフリカの開発課題について学び、そして考察することを目的として開催されました。

 

20110921141235(8).jpg
  マチコ・ニサンケ教授
当日はあいにくの天気にも関わらず、省庁関係者やアフリカ研究者、ウガンダやマガダスカル事務所を含むJICA職員、コンサルタント、学生など多くの人々が出席しました。セミナーでニサンケ教授は、過去30年のグローバリゼーションの流れの中で、なぜアフリカの貧困層は恩恵を受けることができなかったのか、その要因を経済の視点から論じました。同氏はまず、サブサハラアフリカ地域を取り巻く環境と諸条件を挙げ、現在のアフリカ経済の特徴について詳述しました。その後、さらなる経済発展の妨げになっているさまざまな要因について言及し、その一つが一次産品の輸出に依存する現在のアフリカの経済構造であると指摘しました。

 

ニサンケ教授は、アフリカはアフリカ独自の解決方法を見つけなければならないと主張し、1時間以上に及ぶ発表を締めくくりました。「長年にわたりアフリカは、何をすればよいのか、そのアイデアを外部から言われてきた。しかし必要なことは、アフリカの人々が、自分たちがどう発展していくのかを考え出すことだ。主人公は現地の人でないといけないのだから。」と結びました。

 

また、インクルーシブな開発へ向けた政策提言に関して同氏は、グローバリゼーションの影響で生じる社会不安や緊張の中、“インクルーシブ”や“共有” という概念自体が現在危機に瀕していると警告し、今こそインクルーシブな視点をもって長期的視野に立った開発に取り組んでいくことが求められていると訴えました。

ムービー・コメンタリー

マチコ・ニサンケ ロンドン大学東洋アフリカ学院教授

日時2011年9月21日(水)
場所JICA研究所 400号室
主催者JICA研究所
言語英語
関連ファイル

発表資料「Towards inclusive development in Africa - in a comparative perspective with Asia」(マチコ・ニサンケ教授)(PDF)

ページの先頭へ