JICA緒方研究所

ニュース&コラム

UNDP、「人間開発報告書」アドバイザリー・パネルに田中明彦理事長が就任

2012年5月17日











田中理事長写真.jpg
田中明彦JICA理事長

田中明彦JICA理事長が、国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書(Human Development Report: HDR)のアドバイザリー・パネルのメンバーに就任しました。このパネルは、現時点で20名から構成されており、ノーベル賞受賞者、著名な学識経験者および各国の閣僚経験者などが委員として報告書への専門的な助言を行っています。田中理事長は、日本から唯一のメンバーとなります。


 


人間開発報告書は、1990年に発刊されて以来、毎号最新の開発問題および国際潮流に焦点を当てたテーマを設定しています。JICAとUNDPは、国内外で援助協調を行っており、2012年3月には、JICA研究所とUNDPが共催者となり、今後の人間開発報告書のテーマと方向性を議論する「東アジアコンサルテーション・ミーティング」を東京で初めて開催しました。


 


この田中明彦理事長の就任により、JICAとUNDPの協力関係の一層の強化が期待されています。








日時 2012年5月17日(木)







ページの先頭へ