JICA緒方研究所

ニュース&コラム

ワーキングペーパーNo. 220「An Inquiry into the Process of Upgrading Rice Milling Service: The Case of Mwea Irrigation Scheme in Kenya」を発刊

2021年4月30日

稲刈りをするケニアのコメ農家(写真:JICA)

JICA緒方貞子平和開発研究所は、活発な議論を喚起することを目的に、取り組んでいる課題の研究成果としてワーキングペーパーを発刊しています。2021年3月には、ワーキングペーパーNo.220を発刊しました。

研究プロジェクト「サブサハラ・アフリカにおける米生産拡大の実証分析」の成果として発刊されたワーキングペーパーNo.220「An Inquiry into the Process of Upgrading Rice Milling Service: The Case of Mwea Irrigation Scheme in Kenya」(真野裕吉、Timothy Njagi Njeru、大塚啓二郎著)では、起業家精神に富むケニアの精米業者らが新しい精米技術と精米機を導入したことで、コメの品質向上と業績の改善にどうつながったか分析しています。

同ワーキングペーパーは以下のリンクからご覧いただけます。

ページの先頭へ