JICA緒方研究所

ニュース&コラム

論文「How Can Developing Countries Achieve Sustainable Development: Implications From the Inclusive Wealth Index of ASEAN Countries」ジャーナル掲載のお知らせ

2021年5月24日

自然資本から人工資本への効果的な転換が持続可能な開発への鍵(写真:JICA)

2021年4月、JICA緒方貞子平和開発研究所の遠藤慶研究員が茨城大学の池田真也助教と共に執筆した論文「How Can Developing Countries Achieve Sustainable Development: Implications From the Inclusive Wealth Index of ASEAN Countries」が、ジャーナル『International Journal of Sustainable Development & World Ecology』に掲載されました。

世界の国々が持続可能な開発を達成できているのか、経済面、社会面、環境面を加味した包括的なアプローチを用いて分析した研究は多くありません。そこで同論文では、その国の持続可能な開発に寄与する人工資本、自然資本、人的資本の価値を総合的に評価する新国富指標(Inclusive Wealth Index: IWI)を用いて、ASEAN地域の開発途上国が1990~2014年の期間に持続可能な開発を達成しているのか分析しています。

詳細は以下のリンクからご覧ください(閲覧にはログインまたは購入が必要です)。

ページの先頭へ