JICA緒方研究所

ニュース&コラム

ワーキングペーパーNo. 221「Investments in Flood Protection: Trends in Flood Damage and Protection in Growing Asian Economies」を発刊

2021年6月20日

護岸の整備でフィリピンの首都マニラの洪水被害を軽減(写真:JICA)

JICA緒方貞子平和開発研究所は、活発な議論を喚起することを目的に、取り組んでいる課題の研究成果としてワーキングペーパーを発刊しています。2021年5月には、ワーキングペーパーNo.221を発刊しました。

研究プロジェクト「アジアのインフラ需要推計にかかる研究」の成果として発刊されたワーキングペーパーNo.221「Investments in Flood Protection: Trends in Flood Damage and Protection in Growing Asian Economies」(石渡幹夫、佐々木大輔著)では、洪水被害の軽減には不可欠の治水投資にスポットを当て、アジア各国における実際の投資データなどから実証的に分析し、治水投資と被害・便益との関係を考察しています。

同ワーキングペーパーは以下のリンクからご覧いただけます。

ページの先頭へ