JICA緒方研究所

ニュース&コラム

TICAD Vで、JICA研究所とスティグリッツ教授を中心としたIPDとの共同研究の成果を発表

2013年6月5日

6月2日、 JICA研究所は、コロンビア大学政策対話イニシアチブ(Initiative for Policy Dialogue: IPD)との共催で、「アフリカ経済の構造転換」をテーマにTICAD Vサイドイベントを横浜インターコンチネンタルホテルにて開催しました。本イベントは、この共同研究の成果発表を通じて、アフリカの政策決定者へ問題提起を行うことを目的として開催されました。

2W7X0681a.jpg
      加藤所長
本サイドイベントは、田中明彦JICA理事長の冒頭の挨拶後、コロンビア大学IPDを代表するジョセフ・スティグリッツ教授が基調講演を行い、その後、パネルディスカッションが行われ、同じIPDメンバーでコロンビア大学アクバル・ノーマン教授、ニュー・スクール福田パー咲子教授、アフリカ経済変革センター(ACET)のヤウ・アンス チーフ・エコノミスト、研究所からは細野昭雄シニア・リサーチ・アドバイザー(SRA)が登壇し、加藤宏研究所所長がモデレーターを務めました。

Main_2W7X0662.jpg
スティグリッツ教授
基調講演で、スティグリッツ教授は、「アフリカが21世紀の課題に取り組む上で、どのような産業政策が必要か」のテーマに対して「21世紀に年平均5%の経済成長率を遂げてきたアフリカにおいて、この成長を持続的で経済的な側面だけでなく、政治、社会、環境面においても考慮すべき時期に来ている」と述べました。また、教授はアフリカが直面している課題として、①アフリカの急速な人口増加、②気候変動や温暖化による負の影響、③輸出の不振、④金融面の不安定化、⑤急激な都市化などを挙げました。これらの課題の対応策として、まず持続的な開発に必要な資金の流れを安定させる政策や、先進国とアフリカ諸国の知識ギャップを縮小すること、Learning(学ぶこと)に焦点を置いた産業政策などを取り上げ、GDPを用いて成功を図る指標とすることは間違った結論を導く可能性にも言及しました。最後に「アフリカが直面している課題は決して簡単に解決できないが、本会合によってアフリカ諸国がお互いから学び、協力し、これらの課題に取り組んでいくことが重要である」と述べました。

rr_IMGP0704.jpg
      細野SRA
その後のパネルディスカッションでは、ノーマン教授が、JICA研究所とIPDのタスクフォースの取り組み課題として、アフリカの持続的な発展を実現するには、製造業だけでなくほかのセクターも含めた技術政策が優先課題だと述べ、ワシントンコンセンサス改革の弱点として、日本を含めた東アジアの成功例を軽視していると指摘しました。 次に、アンス氏は、アフリカでの経済転換が持続的な成長に不可欠であることを説明し、それを図る指標として、経済の多様化、輸出における競争力、生産性の向上、技術の発展、人々の生活の向上などを挙げました。細野SRAは、多様な経済転換の成功例として、初期の産業化に成功したバングラデシュの衣料産業や、高度な技術導入によるタイでの自動車業界などを紹介し、知識と能力の集積や学習による包括的な取り組みの重要性を指摘しました。福田・パー教授は、MDGsの枠組みは雇用の創出や貧困層の生産性の増加などに焦点を当てていないことを指摘し、ポスト2015と持続可能な開発目標に向けての課題として、貧困撲滅だけでなく、経済の転換といった、より幅広い目標を設定するべきだと述べました。

立ち見も出るほど盛況となった会場からは、今後の国際社会がアフリカへの技術移転や海外投資などを含め、いかにアフリカの経済構造転換を支援するべきかについて多岐にわたった質問が出され、アフリカの今後の発展への関心の高さがうかがわれました。

このイベントに先立ち、研究所はIPDとアフリカ経済の構造転換に関する共同研究の成果として、スティグリッツ教授などによる論考を収めたワーキング・ペーパー集「Working Papers: Africa Task Force Meeting」をこの5月に作成しました。研究所からは、細野昭雄SRAと島田剛研究員が執筆者として参加しています。

【関連リンク】
News & Topics

IMGP0656b.jpg
 左から、スティグリッツ教授、アンス氏、ノーマン教授、細野SRA、福田・パー教授

ムービー・コメンタリー

・Kingsley Y. Amoako / African Center for Economic Transformation
・Yaw Ansu / African Center for Economic Transformation
・Joseph Stiglitz / Columbia University
・José Antonio Ocampo / Columbia University
・Stephany Griffith- Jones / IPD
・細野昭雄 / JICA研究所

日時2013年6月 2日(日)
場所ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

ページの先頭へ