JICA緒方研究所

ニュース&コラム

研究所フィールドレポートNo.1を発刊

2013年11月19日

JICA研究所では、フィールドレポートNo. 1を発刊しました。このフィールドレポートは、JICA事業関係者が自身の実務上の経験に基づき開発援助に関する知見を論文形式でまとめたものです。

 

今回発刊したフィールドレポートNo. 1(『機械産業におけるフラグメンテーションの進展と貿易コスト削減の政策的課題』)は、JICA東南アジア・大洋州部の中田亮輔次長によって執筆されました。内容は、2013 年 1 月にバンコクで開催した IMF・JICA 合同セミナー「Frontier Asia: Economic Transformation and Inclusive Growth」における著者の発表 「Fragmentation and Trade Cost in Frontier Countries」をもとに、追加的な分析を行ってとりまとめたものです。要約は以下の通りです。

 


(要約)
近年における新興国の貿易主導型成長は、繊維・衣服等の軽工業から機械部門等へと高度化しているが、その実態は、機械産業全体の生産設備移転というより、最も労働集約的な組み立て工程等のみが移転する形態となっています。このように製造工程全体を細分化し、国境を越えて配置再編を進めることで全体としての生産コスト最小化を達成する戦略は「フラグメンテーション」と呼ばれるが、この戦略を進める上では広義の貿易コスト——物理的な輸送インフラのみならず、インフラの運営、関税、ビジネス環境等を含む——の削減の重要性が指摘される。本稿では、特にフラグメンテーションが進む機械三業種(一般機械、電気機械、自動車・部品)に焦点を当てて、その貿易フローの規定要因を特定することで、今後の新興国の成長を促す上での政策的含意を導き出すことを目的としています。

 




ページの先頭へ