JICA緒方研究所

ニュース&コラム

武内進一上席研究員が「国際開発研究 大来賞」受賞

2009年12月8日

MrTakeuchi.JPG
武内上席研究員

財団法人国際開発高等教育機構(FASID)の第13回「国際開発研究 大来賞」に、JICA研究所の武内進一上席研究員の著書『現代アフリカの紛争と国家—ポストコロニアル家産制国家とルワンダ・ジェノサイド』(明石書店)が選ばれました。同賞は、FASIDが毎年、国際開発に関する研究図書の中から、斬新性ならびに普及性の点で、特に優れていると認められる作品を表彰しているものです。武内上席研究員は、JICA研究所の「紛争影響国における国家建設」研究プロジェクトの共同代表者を務めており、アフリカの紛争と平和構築について研究しています。

12月22日に、受賞者の武内上席研究員による記念講演会と表彰式がFASID(東京都千代田区)内で行われます。

武内進一上席研究員 略歴

武内進一上席研究員 ワーキングペーパー

日時2009年11月27日(金)



ページの先頭へ