JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.180 Variety of Middle-Income Donors: Comparing Foreign Aid Approaches by Thailand and Indonesia

中進/中所得国による開発援助の体制は、DAC (Development Assistance Committee) 諸国の援助とどのように異なるのか。そこには規模だけでなく、質的な違いがあるのではないか。本論文では、東南アジアで積極的に援助を行いつつあるインドネシアとタイが、被援助国から援助国へと変貌する過程を行政学的な観点から検証し、それぞれの組織的特徴が生まれる政治的、歴史的背景を経路依存の視点から明らかにした。両国の違いは、政府の政策的な意図によるものよりも、行政の構造と専門性の歴史的収れん、そして地政学的な条件によってより効果的に説明することができる。本研究は、東南アジアを事例に援助国化を特徴づける条件を示すことで、今後増加するであろう他地域の新興ドナー分析にも示唆をもたらさんとするものである。

キーワード:中進/中所得援助国、タイ、インドネシア、援助行政、東南アジア

ページの先頭へ