JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.197 Payment Dollarization and Foreign Exchange Market Development in Cambodia: The Role of Money Changers

カンボジアの外国為替市場は現金取引が主で、両替商の小売取引が中心である。本稿では、通貨交換サービスの利用に関する企業調査個票データを用いて、決済ドル化が両替商の興隆といかに結びついているかに着目して外国為替市場の構造を解明する。データからは、地場のビジネスであっても多くの企業が通貨ミスマッチに直面し、両替を必要としていることが示された。さらに、企業の決済手段が現金決済に留まっていることともあいまって、現金の外貨両替が広がり、銀行に比べて現金両替の利便性の高い両替商が重用されている。他方、実証分析の結果は、リエル建ての貸し出しを促す銀行規制が、銀行の両替業務を後押しして、外国為替市場の発展につながることも示唆している。


キーワード: 現金取引、両替商、通貨ミスマッチ、決済ドル化、カンボジア

ページの先頭へ