JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.80 Enhancing Rice Production in Uganda: Impact Evaluation of a Training Program and Guidebook Distribution in Uganda

本稿の目的はコメの増産を目的にウガンダ東部と北部で実施された2つの技術普及プログラムの評価を行うことである。第1のプログラムはJICAが実施した従来型のトレーニングプログラム、第2のプログラムは稲作栽培に関するガイドブックを配布するものである。プログラム評価のためにPropensity score matchingによりプログラムの恩恵を受けた家計と比較可能な家計をコントロールグループとして選別し、両グループのコメの生産性や栽培技術の普及率の平均値が有意に異なるかを検定する。推定結果によると、トレーニングに参加した家計はコメの生産性が改善したが、ガイドブックを受けとった家計については、生産性の上昇も栽培方法の改善もみられなかった。ガイドブックの配布は従来型のトレーニングプログラムよりも安価でかつ実施が容易であるが、従来型のトレーニングプログラムを代替することはできないことを示唆している。

ページの先頭へ