JICA緒方研究所

研究活動紹介

Global Emerging Markets Forum 2015に向けた共同研究

終了プロジェクト

グローバル経済において新興市場の急激な成長は顕著であり、途上国と先進国の経済格差は狭まりつつある。他方、中所得国の罠の問題の課題を克服し新興市場が成長を続けるためには、各国の特徴を踏まえた上で根拠に基づく対策を講じる必要がある。
the Emerging Markets Forum(以下、EMF)は、センテニアルグループホールディングス(以下、センテニアル社)社内で2005年に創設された。EMFはこれまでに、アジア、中南米、アフリカなどの地域単位や、インド、メキシコ、カザフスタンなどの国単位で経済長期予測と政策的示唆を与える研究を実施し、国際会議の場を通じて発信を行ってきた。しかしながら、世界各国経済成長に共通課題となっている重要かつ普遍的なテーマに焦点を当て、長期的な経済成長予測に基づいた政策や企業活動への具体的処方箋を提示した研究は過去に存在しない。このような状況を踏まえ、過去の一連の研究の集大成となる共同研究を今般実施することとなった。本研究は、2050年時点の経済成長予測結果を踏まえつつ成長に資する政策や企業活動の在り方を提言することを目指した。

ページの先頭へ