現在の場所は

普及・実証・ビジネス化事業(SDGsビジネス支援型)

事業概要

事業の目的

途上国の課題解決に貢献し得るビジネスの事業化に向けて、技術・製品・ノウハウ等の実証活動を含むビジネスモデルの検証、提案製品等への理解の促進、ODA事業での活用可能性の検討等を通じ、事業計画案を策定する。

事業内容

想定される基本的な活動項目の例

  1. ビジネスモデル案の検証
    • マーケティング調査
    • パイロット事業の実施
  2. 普及促進活動
    • 提案製品のデモンストレーション
    • 普及活動(セミナー、本邦受入活動等)
  3. バリューチェーン構築検討
    • 現地パートナー選定、関係者能力開発支援
    • 投資環境・事業環境に係る情報収集・分析
  4. 開発効果分析
    • SDGsインパクトに係る調査
    • JICA事業との連携可能性の調査
  5. 事業計画の作成

事業対象国

JICA事務所または支所が設置されているODA対象国を原則としています。

対象分野

対象の開発途上国の社会・経済開発に資する分野

実施期間

1~3年間程度

事業の経費

上限5,000万円

公示・説明会情報

参考情報

前身の制度となります、過去の「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査(旧:「協力準備調査(BOPビジネス連携促進)」、「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」はこちらよりご覧いただけます。

問合せ先

民間連携事業部 計画・連携企画課
【担当支援メニュー:SDGsビジネス支援型(原則、大企業)】
電話番号:03-5226-3491
電子メール:sdg_sme@jica.go.jp

※内談をご希望の方は、内談フォーム(Excel)をダウンロード・ご記入の上、上記アドレスにご送付ください。

支援メニュー一覧

案件事例検索

採択案件の詳細情報をご紹介。

案件検索ページへ